上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2015.03.26 重松清
日曜劇場 流星ワゴン 20150322観了



流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)
(2005/02/15)
重松 清

商品詳細を見る
20140120再読
20131008読了


その日のまえにその日のまえに
(2005/08/05)
重松 清

商品詳細を見る
20150322読了


きみの友だち (新潮文庫)きみの友だち (新潮文庫)
(2008/06/30)
重松 清

商品詳細を見る
20140613読了


とんび (角川文庫)とんび (角川文庫)
(2011/10/25)
重松 清

商品詳細を見る
20150603読了


赤ヘル1975赤ヘル1975
(2013/11/28)
重松 清

商品詳細を見る
20140409読了


ゼツメツ少年ゼツメツ少年
(2013/09/20)
重松 清

商品詳細を見る
20140326読了


愛妻日記 (講談社文庫)愛妻日記 (講談社文庫)
(2012/09/28)
重松清

商品詳細を見る
20131028読了


ビタミンF (新潮文庫)ビタミンF (新潮文庫)
(2003/06)
重松 清

商品詳細を見る
20131013読了


十字架 (講談社文庫)十字架 (講談社文庫)
(2012/12/14)
重松 清

商品詳細を見る
20131019読了




スポンサーサイト
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今シーズン放映された問題のあるレストランは明るめで、元気をもらう'系'の作品でした

私自身は「Mother(2010)」で初めて坂元裕二を知りました。
Motherは暗めの作品で、おどろおどろしたところに衝撃をうけました

その後の「それでも、生きていく(2011)」や「Woman(2013)」もなかなか暗めの作品で気に入っていました。

僕は暗めの作品が好きですが、その出世作でもある「東京ラブストーリー」(1991)のような明るめの作品も作ります。
なかなか器用な脚本家のようです


問題のあるレストラン 20150320観了

最高の離婚 201312観了

ノベライズ 最高の離婚(上)ノベライズ 最高の離婚(上)
(2013/02/15)
坂元 裕二 (脚本)、百瀬 しのぶ (ノベライズ) 他

商品詳細を見る
読了

Woman(2013)

それでも、生きていく(2011)

Mother(2010)
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
中島みゆきさんの「縁会2012~3 劇場版」をシネマ太陽で観てきました
30年以上前にもコンサートを観にいったことがあります
これはコンサートとは違いますが、それでもなかなか良かったです
お値段も¥2500と、映画とコンサートの真ん中くらいの設定でした
函館のシネマ太陽さんでは明日までです
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村


愛とは何?平和とは?

理屈はいらない

ウルトラマンは愛と平和、それに勇気と力をシンプルに教えてくれた
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.11.01 俳句 秋人
  秋 風 と

  図 書 館 に ひ と

  皮 膚 科 に も


にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.10.27 小川洋子
注文の多い注文書 (単行本)注文の多い注文書 (単行本)
(2014/01/23)
小川 洋子、クラフトエヴィング商會 他

商品詳細を見る
20141027読了
彼女の本を読むと、丁寧に生きたいと思ってしまう


猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)
(2012/09/20)
小川 洋子

商品詳細を見る
20141007読了
「博士の愛した数式」では、数字への愛が綴られていました
「猫を抱いて象と泳ぐ」ではチェスへの愛が綴られています


薬指の標本薬指の標本
(2013/05/17)
小川洋子

商品詳細を見る
20140926読了


博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る
20140906読了
丁寧に綴られた言葉に、優しい気持ちになれます。しずかに涙が流れます。
映画をもう一度観てみよう
藤原正彦の軽妙な解説も楽しい
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
40年の月日を経て完成版が世にでました
秀逸の名作です
かもめのジョナサン完成版かもめのジョナサン完成版
(2014/06/30)
リチャード バック、ラッセル マンソン 他

商品詳細を見る
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
かっこいいです。ますますファンになりました。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.06.13 きみの友だち
きみの友だち (新潮文庫)きみの友だち (新潮文庫)
(2008/06/30)
重松 清

商品詳細を見る

学校時代の無念を成仏させたい人にぜひ読んでもらいたい。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
私は新田次郎の孤高の人が大好きです。
孤高の人〈上〉 (新潮文庫)孤高の人〈上〉 (新潮文庫)
(1973/03/01)
新田 次郎

商品詳細を見る


そして、その息子の藤原正彦の日本人の誇りは必見の価値があります。
日本人の誇り (文春新書)日本人の誇り (文春新書)
(2011/04/19)
藤原 正彦

商品詳細を見る


また、これは余談ですが、新田次郎の奥様の藤原テイの「流れる星は生きている」も秀逸です。
流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2002/07/25)
藤原 てい

商品詳細を見る


この度・・・と言っても、ずいぶん日にちがたってしまいましたが。
新田次郎の絶筆を、息子である藤原正彦が書き継ぐ「孤愁」が刊行されました。
孤愁〈サウダーデ〉孤愁〈サウダーデ〉
(2012/11/29)
新田 次郎、藤原 正彦 他

商品詳細を見る


前半は新田次郎、後半を藤原正彦が書き継ぐ形です。
そして、申し訳ない、本当に藤原正彦には申し訳ないのですが、改めて新田次郎の力量を感じるものでした。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。