上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
レースの前日や終了後に入浴するのに、良いお風呂はないかと探していたら、千歳インターの近くに手ごろな銭湯がありました。
料金も¥400と安く、食事もできるようです。

千歳の湯 えん


大きな地図で見る
スポンサーサイト
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
私は走っていると膝に痛みがでてきます。
そんな人は多いと思います。

走った後はストレッチが一番効果があります。
私はエンジョイラン.comのりょうさんのブログを読んでこの事を知りました。

しかし、走りながら、ストレッチをやるのは難しい^^;
そのうち、走りながらストレッチをする方法を開発しようと密かにたくらんでいますが^^;

それはさておき、膝の痛みを和らげるには冷やすのが一番だと思います。
私の場合は、ランパンの上から水をかけます。

股の付け根には大きな血管があった(と、思う)
ランパンの上から水をかけると、血液が冷やされて、それが足全体を冷却して、痛みが和らぐのではないかと思っていますが・・・どうなのでしょうか^^;

みなさんは、どうやって痛みを和らげるのでしょうか?
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
昨年は給水所でひどい目に会いました^^;
5km毎に用意されている給水所では、水、アミノバリュー
10km毎にバナナ、カロリーメイト等の食料が用意されているはずでした。

でも

5km地点での給水所では、私が給水所に行った時には、アミノバリューしかなく、しかもコップもない状態でした。人の飲んだアミノバリューに口は付けたくなかったので、ボトルのアミノバリューを手の平に受けて飲みました^^;

10km地点の給水所ではカロリーメイトやバナナが用意されているはずでしたが、私が到着したときは水しかない状態でした。

15kmは水だけの給水所 20kmも食料なし 25kmは水だけ給水所

30kmでやっと氷砂糖が食べれました。
でも、カロリーメイトもバナナもなしです。

給水所毎にカロリーメイトとバナナで栄養補給しようとしていた計画は、無残にも打ち砕かれました^^;

そんなわけで、今年は自分で水と食料を持って走ることにしました。

今日、楽天でこんなウエストバックを購入しました。
水も食料もいっぱい入りそうです^^
これで完走間違いなしです^^


CAMELBAK(キャメルバック) DELANEY FIT オーロラピンク×グラファイト APGP 1821212CAMELBAK(キャメルバック) DELANEY FIT オーロラピンク×グラファイト APGP 1821212
()
CAMELBAK(キャメルバック)

商品詳細を見る
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
いったい日本はなんと犯罪者に甘い国なのだろう

ご存知のように4月23日京都で無免許運転の少年が死傷事故を起こしました。
また、4月12日同じく京都で、病気を隠して違法に免許を取得したてんかん患者が死傷事故を起こしました。
残念ながらいずれの事故でも、現在の法律では危険運転致死罪が適用できず、自動車運転過失致死になるようです。

「自動車運転過失致死罪」(最高20年)と「危険運転致死傷罪」(最高7年)の違いは、
「自動車運転過失致死罪」が過失(あやまち)によるものであるのに対して、
「危険運転致死傷罪」は故意に(わかっていて)やったと言うことです。
ここが最も大きな違いです。

私はどちらの事件も、「あやまち」とはいえないと思います。
どちらの事件も、結果が「わかっていて」やったものだと思います。

私はこのような事故でも、危険運転致死罪が適用できるように法の改正(いわゆる厳罰化)を望みます。

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
千歳マラソンが近づいてきた。
今日は宿泊について研究してみます。

千歳マラソンの前日は千歳のホテルに泊まるのが一番良いと思うのですが、これから宿を予約しようとしてもまず満室で無理です^^

昨年は苫小牧のホテルに泊まり、翌朝、千歳に移動しました。
結構朝早く苫小牧を発ったのですが、今度は駐車場が満杯で、駐車場を探すのに苦労しました。

そこで、私はひらめきました!

今年は前の日から、駐車場に車をとめて、車の中で車中泊すればいいんだと^^
これだと、お金もかからず貧乏ランナーにもうってつけです^^

しかも、皆さんも良く経験していると思いますが、枕が代わると眠れないだの、どうも旅館の布団は苦手で、やっぱり家のじゃないと・・・と、いう人も大丈夫。

普段寝ている布団を丸ごと車に積み込めばいいのです^^  (よっ大胆!)

私の車は後ろのイスを倒すとフラットになるので、そこに前の日寝ていた布団を詰め込んで、大会に出発しようと思っています^^

大会会場の近くにはコンビニもあるし、ホットモットもあるので食料も確保できます。
簡易トイレもある。ただ、お風呂屋さんが見つからない・・・

まあ、一日位お風呂入らなくても問題でもないしね^^ 楽勝楽勝^^

どうなることやら^^;
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
基本的には宗教は人を幸せに導くものだと思っていたのですが、どうも最近そう思えなくなってきました。
人間から考える力を奪い取り、権力者の思う方向に向かわせる、権力構造と考えるのが妥当ではないかと思い始めています。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
次回の選挙(まだ、投票日も決まっていないけど^^;)では、自民党に投票しようと思います。

前回の選挙では民主党に投票してしまいました。
沈滞ムードの国の機構をなんとか変えてもらえないかと言う思いからでした。
公共事業の無駄、官僚の腐敗をなんとかクリーンにできないかと思ったのです。
しかし、見事に裏切られました。

個人的には高校授業料が無償化になったのは喜ばしいことですが^^;

しかし、民主党の最大の欠点は国防、外交に弱いと言う事です
このままでは、日本の外交はずたずたになります。

日本に、自民党に、稲田朋美がいる限り、国防外交はまかせて良いと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
北朝鮮のミサイル発射に伴う、日本政府の対応はひどいものでした。
せっかくのすばらしいシステムもこのままでは有事の際に使い物にならないでしょう。
システムは立派だが、それを使う人が本質をわかっていないと言うことだと思います。
実より形を重んじると言うことだと思います。

この報道を聞いて私が思い出した話がありました。
日本人とアメリカ人の大工さんの話です。
作り話だと思うのですが、日本人と欧米人の考え方の違いを知る良い話だと思いますのでお話します。

家を建てる時、同じ材料で同じ家を建てるとき、アメリカ人の大工のほうが安くしかも早く建てれると言うのです。

何故かと言うと、日本人の大工さんは見えないところにもこだわってしまい、時間と金をかけるそうです。
家には壁の内側など、見えない場所が結構あります。日本の大工さんは、そこに使われる木材にまで、かんなをかけきれいに仕上げるのだそうです。

壁の内側は、家が完成すれば普段見えない場所ですから、きれいに仕上げても家に住む人にとっては意味がないのです。
アメリカ人大工は合理的ですからそんなところをきれいにしようとは考えません。

ところが日本人大工はそうは考えません。大工さんにとって家は作品なのです。
もし、何年か経ってメンテナンスのため同業者の大工さんが、内壁を見るような事があったら、自分がきれいに仕上げていないのがわかってしまうと考えます。
それは日本人大工にとって恥ずかしい事なのです。

この話は、現状と合わないと思いますが、日本人の精神性を表す話だと思います。そういう意味で、的外れな話ではないと思います。

私はこのような精神が日本の芸術的なものづくりに活かされてきたと思いますので、頭から否定はしません。

しかし、今回のようなミサイルへの対応のまずさを見ますと、形ばかり整えて、本当に実効性のあることはおざなりになってしまう、合理性のなさは、日本のもつ弱点だと思います。







にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
怒りたくて怒る人はいない。
私もそうなのだが、相手の言い分が理不尽と感じたり、不遜な態度をとられると頭に血が上る。

私自身はどちらかと言うと、我慢強い性格だと思っているのだが、妻に言わせると、すぐにカッとなるらしい^^;

怒りは判断を誤らせ、相手との関係を悪くする
怒らないで、冷静に判断、行動したほうが良いに決まっている
しかし、これは難しい。
弱50になろうとしている今でも難しい。

松岡修三は、頭の中で鼻歌を歌うのだそうだ。
つまり、怒りに向合わないと、言うことだろう。

ある本には、その場を離れる事を勧めていた。
これも向合わないようにするためだろう

私は良く歩きながら考え事をする
そして、今日は「怒りを流す」と言う言葉が浮かびました。

まだ、抽象的な概念だけれども、具体的な何かで「流す」事ができるようになるかまた歩いて考えてみたいと思う。天気も良いしね。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2012.04.21 成長こそ幸せ
これからひどく分不相応に大上段に構えた話をしようとしています。
自分でもあまりにも、恐れ多くて、すでに言い訳をしているような状態です^^;

私は人が幸せになるには、今の世の中の幸せに対する根本的な考え方を変えなければならないと思っています。
それは今の世の中では「何々になる」事や「何々を持つ」事によって幸せになれると多くの人が考えていると思います。
それを「何々に向かっていく」その変化こそが幸せと言うふうに、社会全体の考え方が変わらなければいけないと思います。
何故ならその方が正しい「幸せ感」だと思うからです。

例えば、社長になれたら幸せだとか、大金持ちになったら幸せになれるとか、この人と結婚できたら幸せになれるなんて言う、「なる」事によって「幸せになれる」と多くの人は思い込んでいると思います。

しかし、本当でしょうか?私は違うと思います。

確かに社長は、社員をあごで使える権力があります。しかし、円高になったり、取引先の対応、ライバル企業、心休まる暇もないのではないでしょうか?これは幸せの状態?
お金持ちもしかり、お金持ちになったら今度は誰かに盗まれやしないか、だまされやしないか、悩み事は尽きないと思います。
結婚については、言わずもがな、10年以上たった夫婦で幸せなカップルはありません!(これは言い過ぎた^^;)

それと、「なる」や「持つ」事による幸せの最大の欠点は、みんなが幸せになれないと言うことです。人より何だかの形で優れていることが必要だと言う事です。

まあ、多少言いすぎはありますが、基本的に「なる」や「持つ」こと自体では幸せにはなれません。
では、どうすれば幸せになれるのでしょうか?
私が思っているのは自分や組織を成長させる過程(変化の過程)こそ幸せ(喜び)とすることです。

自分が本当に「なりたい自分」を見つけ、そこに向かって日々努力していく事、そしてその変化を楽しむことによってしか真の幸せはやってこないと思います。

昨日できなかったことが今日できるようった喜び。
2ヶ月前と比べて、一つでもできることが増えたり、強くなっていく自分。
それこそ幸せの本質ではないでしょうか?
健全であり、お金がなくても、人より優れたものがなくても、誰でもできる幸せではないでしょうか?

ぜひ、社会全体が「成長こそ幸せ」を目指す社会に変化していって欲しいと思います。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。