上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今日は地元函館でハーフマラソン大会があり見てきました。(私は走ってはいません^^;)

自分でもマラソンをやりながら、みんな何で走るんだろうと思っています。
僕にとってはトップランナーの人達は観ていてあまり面白くないのですが、後ろのほうを走る人は興味深いです。

明らかに余裕があり楽しんでいる人もいるのですが、鬼のような形相で走る人もいます。
びっこを引きながらそれでも走る人、頭を下げ1m先を凝視しもくもくと歩を進めるランナーもいます。
なかには走るのを諦めてうつむき歩くランナーもいます。
でも、何故か立ち止まるランナーはいない。沿道の声援に後押しされるからでしょうか。

動画は昨年2011年のラクビーワールドカップ決勝戦の終了後、ヘイリーが(多分)閉会式で歌っているものです。
このゲームでは壮絶な戦いの末、ニュージーランドがフランスをくだして優勝しました。
僕がもし・・・もしも、ニュージーランドのメンバーだったとしたら、ヘイリーの歌声に癒されながら、仲間や敵チームと栄光を讃えあい、観客に祝福され場内を一周できたとしたら、それはもう至福の極みだと思います。

なんで走るんだろうと自問自答したとき、自分を讃えるためと言うのも答えのひとつのようです。
まだまだ煩悩は捨てられませんね^^;


スポンサーサイト
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
安倍新総裁の秋葉原での演説会後の様子です。
集まった若者の怒りは、マスコミに向かっています。
無気力、無関心といわれる若者の怒りが、マスコミに向かっているのです。

拙ブログをご覧のおじさん、おばさん世代の方はこのことをどうか考えてくださいませんか。
何故、若者達の怒りがマスコミに向かっているのか考えてみてください。お願いします。

若者達は、マスコミが偏向報道していると怒っているのです。
マスコミが事実を伝えていないと怒っているのです。

中国、韓国の人達は反日を刷り込まれていると知ってますよね。
教育や報道(マスコミ)で反日を刷り込まれているのを知ってますよね

日本は大丈夫でしょうか?
我々、日本人は大丈夫でしょうか?
ちょっとだけ考えてみてください。

日本も教育やマスコミで自虐史感を刷り込まれていないでしょうか?
70年前の戦争は日本が悪い。謝り続けなければならない、賠償し続けなくてはならないと思ってないでしょうか?
日本のマスコミに刷り込まれていないでしょうか?
どのチャンネルでも、どの新聞(産経を除く)でも同じ論調の報道がなされてないでしょうか?

私は、日本人も教育とマスコミに刷り込みをされていると思っています。

その証拠に、この映像をマスコミが流すことはないと思います。
マスコミ自身が、マスコミが叩かれる映像を流すことはないと思います。
マスコミ自身が、マスコミは偏向報道している事で叩かれているというとしては決して言わないと思います。

それが偏向報道の証拠です。
決して自分の都合の悪いことは言わないのです。
決して平等だったり、さまざまな意見を取り上げたりしないのです。
決して対立する意見を取り上げたりしないのです。

皆さん、マスコミにだまされてはいけません。
自分の頭で考えるクセをつけましょうよ。

時間のない方は、9分ごろからご覧ください。

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2012.09.28 日本人の誇り

日本人の誇り (文春新書)日本人の誇り (文春新書)
(2011/04/19)
藤原 正彦

商品詳細を見る


「存在しない」ことを証明するのは難しいのです。
数学者である著者が、「日本人の誇り」P118で、書いています。
数学のように論理だけで構成された世界でも難しいのです。

それを現実社会、歴史上の問題で「なかった」ことを証明するのはほとんど不可能なのです。
従軍慰安婦がいなかったことを証明するのはほぼ不可能なのです。
しかし、河野洋平は「なかった」とは言えないと言う理由で、従軍慰安婦の存在を認めたのです。

逆に、「存在する」事を証明するのは簡単です。
事実をひとつでも提示すればいいのです。
しかし、従軍慰安婦については今だに、ひとつも証拠が提示されません。
さらに、議論さえさせようとしません。

私は納得できる証拠が提示できていないので、従軍慰安婦はいなかったと確信してます。
河野洋平の「なかった」とは言えないからいたと言う発言は早く撤回して欲しいと思います。

★余談ですが、著者の藤原正彦さんは、「孤高の人」の新田二郎さんと、「流れる星は生きている」の藤原ていさんの息子さんです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
安倍信三新総裁が誕生して、1日。
すでに、朝日新聞、毎日新聞の安倍たたきが始まっています。
よっぽど安倍氏に総理になって欲しくないのだと思います。

私は尖閣における日本の利権を守ると言う事が、日本人にとって大切であること。
デフレ脱却が日本経済、ひいては日本国民にとって大切であること。
安倍氏がこれらの事を実現できる人であると思いますので、安倍氏を応援しています。

しかし、多くの日本人はマスコミの報道を鵜呑みにするばかりで、何が日本について大切であるか自分で考えようとしません。
昨日、私の職場でも自民党の総裁選挙が話題になったのですが、競馬で勝ち馬を予想するような話題に終始し、本質的な議論はされません。

残念ですがこの辺りが、今の日本人の民度のようです。
ネットやTVでは白熱した議論がなされていますが、それは一部の人だけのようです。
多くの日本人(9割以上)にとってはどうでも良い事なのだと思います。

真に残念です。
私のこれからの課題は、政治に無関心な国民の方に、いかに政治が大切か、日本人の利益になるにはどうすれば良いか考えてもらうことだと思います。

真に僭越ではありますが、そんな事を考えてしまいました。
しかし、状況は待ったなしで、その道のりはあまりにも遠く感じるのです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
昨日から天候が不安定です。突然のどしゃ降りの雨が降ったり夜中に雷が鳴ったりしてました。
おかげさまで^^;今日は雨雲から雨が降っている写真を撮る事ができました。
でも、撮った写真をPCで見ると雲から降る雨が映っていません^^;

普通の雨雲

そこで、コントラストを適当に強めてみました。どうでしょう^^。分厚い(黒い)雨雲の右側の方から雨が滝のように降っているのがわかりますよね!ね!

コントラストを強めた雨雲

以上 今日の雲でした。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
昨日TVタックルを見ていたら、故ハマコーさんがでていて、日本はアメリカには逆らえない。アメリカ様様なんだと言っていました。

それに関連して田母神さんが、自衛隊のシステムは全てアメリカ頼み、アメリカが自衛隊のシステムのパスワードを変えれば、防衛システムは使えなくなり自衛隊は機能しなくなるとおっしゃっていました。
そういうことだと日本は独立した国家といえないと私は思います。

日本も独立国です。国連が認める独立国です。形式的には間違いなく独立国です。
しかし実情は違います。国際社会の見る目は違います。

独立国として大切なことは、最低次の3つが必要だと思います。
1.自分で自分を養うことができること。つまり経済的に自立していること。
2.自分で自分を守れること。つまり国防ができる事。
3.自分で1.2をする気持ちがあること。精神的に自立していること。

日本国では、1の経済的な自立はできていますが、2,3の国防と、精神的な自立ができていないように感じます。

2については、アメリカに頼っています。アメリカママがいないと、自分を守ることができないのが実情だと思います。
また、別な角度から見れば、アメリカママにバイバイされれば、日本は自力で日本を守れないと思います。

3については国民の意識の問題です。国民は自国を自国で守る意思がありません。二度と夫や息子を戦場に送り出してはいけないと言う人がいます。間違っていると思います。
世界にはさまざまな国があります。隣国には言葉が通じない国家もあります(文字通りの意味も含めて^^)。そのような国家とは最後には武力を持って戦うしかありません。

自立した国家となるためには、国防に対する国民の意識を高める必要があると思います。
民主主義国家において、政府は国民の代表です。国民が代表者たちが何をするかもう少し興味を持って見なければ、またトンデモ政権ができるかもしれません。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
新潟の高校では修学旅行に中国や韓国にいく高校があります。
このような、緊迫した状況下でも、10月に韓国に4校、上海に1校行く予定だそうです。
韓国に行く一校は女子高で、少人数でのホームステイを予定しているそうです。
私は取りやめるべきだと思います。安全が確保できないと思います。

確かに日本は安全な国です。しかし、これは日本だけです。
8月にはルーマニアで日本人女性がタクシー運転手にレイプされ殺されています。
ましてや、反日感情の強い韓国では何が起こるかわかりません。

新潟県の人々は考え直す必要があると思います。

参考:片山さつきのブログ 新潟県議会で、今秋の中韓修学旅行の危険性につき、早速質問、教育委員会「慎重」答弁!
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
国同士の関係が悪化している時こそ、文化やスポーツでの交流、または地方の交流が大切なんだと良く聞きますが本当でしょうか。私は間違っていると思います。

国と国(ここでは日本と中国や韓国を想定してます)との関係が悪化していたら、スポーツ団体や、文化交流、または地方も、国の意向を踏まえて行動すべきではないでしょうか?

また、国同士の関係が悪化と言いますが、中国が今、領土を侵略しようとしているのです。
この状態で、文化交流や、地方の交流が、国同士の争いに関係ないと言えるのでしょうか?

例えば、あなたの家の庭を占領しようと、隣の親父が狙っている。
我が家の親父は占領させてなるものかと、隣の親父の行動を見張っている。
この状況で、子供同士は関係ないからと、自分の子供を隣の家に遊びの行かせるようなものです。
私でしたら、遊びに行くのは論外、もし遊びに行っていたろすぐにでも帰ってこいと言います。

しかし、文化交流、スポーツ交流、地方交流の名の元で、親父たちがにらみ合っているのに、子供同士が仲良くしなくちゃねって言っているようなものです。

私はとても理解に苦しむのですが・・・どうでしょうか?
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2012.09.24 コスモス
コスモス

おはようございます。3日前まで真夏のような暑さが続いていましたが、やっと涼しくなってきました。
涼しくなったら、今度は冬の心配をしています。
今年の春、ストーブが壊れまして、買い換えなきゃならなかったのですが、まだ買い換えていません。
そろそろ買わなくてはならないのですが、10万近くの出費が必要です。

厳しい冬となりそうです^^;

あっ、ちなみに昨シーズンは数10年ぶりの大雪でした。今年はお手柔らかに願いたいものです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
私は日本で電力会社のCMを禁止する法律を作るべきだと思います。

日本では、住んでいる地域ごとに、電力会社が決まっていて、嫌でもそこの電力会社を使わなくてはならないようになっています。
ですから、電力会社は、新聞やテレビCMをする必要がないのです。
CMしようが、しまいが消費者は、地域の電力会社から電気を買うしかないのです。

CMをすれば、費用が発生するので、電力会社にとっては損をするはすです。
しかし、今の日本のシステムではでも、CMをやることで損はしないのです。
それは広告費としてかかった費用はそのまま電気料金に上乗せして、消費者が払う仕組みになっています。
電力を使った消費者が払うのです。

さらにひどいことは、TV局や新聞社から見ると、電力会社は重要なお客様です。
TV局や新聞社はスポンサーである電力会社に逆らえません。
例えば福島のような原発事故が起こっても、スポンサーにとって都合の悪いことは、なかなか報道されない事が起こります。

このように、電力会社のCMは、一般の消費者にとっては良い事はひとつもありません
ですので、私は電力会社が広告することを禁止する法律を作るべきだと思います。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。