上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
20140202add
この記事を書いた後、靖国参拝について少し考えが変わりました。
2014.02.02 総理は私人として靖国神社参拝をすべきと思う

*******************************************************************************************************

時節(年末)と関係ないのですが、靖国問題に対して自分なりの考えがまとまりましたので記しておきたいと思います。
私は天皇陛下や総理大臣の靖国参拝を支持します。そして私自身も靖国に参拝したいと思います。
理由は、国家のためになくなられた方、つまり今を生きる我々を守っていただいた方に敬意を表すためです。

靖国参拝に反対される方の多くは、A級戦犯が合祀されているという理由からだと思います。
もう少し細かく書くと、東京裁判で有罪の判決がでた東条英機らのA級戦犯が合祀されているからだと思います。

しかし私に言わせれば、東京裁判は戦勝国が敗戦国を裁く裁判ですので、正義でもなんでもないと思っています。裁判と名乗っていますが、裁判ではないと思っています。
しかし、この事にはこれ以上ここでは触れないことにします。

靖国の精神では、戦争で国家のために殉職された者は、靖国に奉られるという事です。
それは、正義とか悪とかそのようなレベルよりも上の次元の問題です。

賢明な皆様はご存知だと思いますが、正義とか不正、善とか悪なんかは、それほど絶対的なものでないという事です。
個人の立場では正義であっても、国家レベルでは不正である事もあります。
過去の歴史では正しいことも、現在の視点では間違っていることもあります。

そのような考えに到った時、東京裁判で罪人として判決が下された方達も、あの歴史の中では罪人であったかもしれない。あの立場では罪人になるしかなかったのだと思えます。

戦争で国家のために殉職したと言う事は、善とか悪のレベルを超えるものだと思うのです。
ですから、私は靖国に参拝し、私達日本人のために命を捧げてくれた方々に敬意を表したいと思います。

私は靖国問題をどうとらえるかは、日本人が戦後体制(レジーム)をどうとらえるかの、国家の根幹に関わる大切な問題だと思っています。
スポンサーサイト
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
僕は家入レオさんのファンです。
彼女は今まで何回もTV出演してますが、彼女の緊張が手に取るようにわかっていました。
娘を見守る父親のような心境で、こちらもドキドキものでした^^;

この映像は2012.12.25放送のものなのですが、初めて彼女に余裕を感じました。
ちょっと成長した彼女が見れてとてもうれしいです。

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
今、日本では新政権の景気対策が注目されています。
私は景気を良くするためにはGDPを増やすしかないと思っています。
この事すら世間では合意が得られていないようですが、私にはGDPを増やすことイコール景気対策だと思います。

GDPを増やす方法として、以前は橋や道路などの公共事業に投資することでGDPを増やすことができました。
橋や道路を整備することで、流通が良くなり、産業を発展させGDPを押し上げる事ができたと思います。

今も同じように橋や道路を整備することでGDPを押し上げることはできるだろうか?
私にはわからない。わからないけど難しいと思える。

今考えられている公共投資は、以前作った橋や道路の維持保全、災害から身を守るための災害対策だと思います。
公共設備の維持保全はGDPを維持するという事においては重要だと思います。
同じく災害対策は日本人と言う貴重な資産を守るために必要だと思います。
しかし、それでは一過性のGDPの押し上げで終わってしまい、恒常的に日本のGDPを押し上げることができないと思います。
それでも、やらなければならない事だと思っています。

恒常的なGDPの押上という視点で考えた時、一番有効な投資は教育ではないかと思います。
しかし、今までの価値観で行う教育では、変化した社会では、あまり有効な教育とはいえないのではないでしょうか?
常に変化する社会においては、変化を恐れずに自ら考える事のできる人を作る教育にこそ投資すべきだと思います。
そのことが、恒常的にGDPを押し上げるのに必要な投資になるのだと思います。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
私のように人生の最終段階にいる者にとっては、それがどのような人生であっても、既に私の人生は確定したといってもいいものです。

残りの人生に不確実な部分があるにしても、それはたいしたものではありません。
年寄りの人生を左右するほどのものではないからです。


しかし若い人にとって人生は未知であり、その日その日、その時その時が人生そのものです。

人生そのもの、戦いの真中にいる者にとって、人生の意味を知るのは難しい。
だから若い日々を確信をもって一歩ずつ歩くのは難しい。
確かな目標をもって生きるのはとても難しい。

人生そのものを常に選択される気持ちは年寄りにはわかるまい。
いや、年寄りにはすでに耐えられない。

私は若い人が好きです。
怒りを抱えた瞳や、暗さの中の笑顔が大好きです。

無事育ってくれと願うばかりであります。

Hello(家入レオ)に寄せて

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
名目GDP 人口一人当りのGDP
単位タンイ 億円オクエン 万人マンニン 万円マンエン
全国ゼンコク ¥5,050,163 12,623 ¥400
北海道ホッカイドウ ¥183,595 550 ¥334
東京トウキョウ ¥897,149 1,163 ¥771
地域経済総覧2012(東洋経済)

資料は2008年のものであるが、日本における北海道と東京の一人当りのGDPを比較してみました。
都市部の代表として東京都、地方の代表として北海道という事です。
こうやって比べてみるとその差は歴然としています。

北海道の人は、東京の人の半分しかGDPに貢献していないことになります。
GDPだけの事をいえば、地方でやっている仕事から、都市でやる仕事にどんどん産業をシフトしたほうが国は潤うという事になります。
第一次産業から二次、三次産業にシフトしたほうが国が潤うという事です。


しかし、本当にそれでいいのでしょうか。
北海道は食料の生産基地でもあります。
食料は安全保障に関わってくる問題でもあります。
単純に儲からないからといって切り捨てていいわけはありません。

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
GDPとはなんでしょうか?

国内で生産するものの金額の総計です。
別の言い方をすると、付加価値の総計です。
私は付加価値の総計という言い方のほうが好きです。

我々や企業は仕事をしてお金を稼いでいます。

製造業では、原材料100円の物を加工して1000円の価値のあるものにして売ります。
つまり、付加価値を900円つけるのです。
この合計が日本のGDPになります。

商店やデパートではどうでしょう?
1000円で仕入れたリンゴを、美しく陳列したり、巧みな話術で1500円で売ります。
もうけた500円が付加価値です。
この合計が日本のGDPとなります。

このように付加価値が多くなればGDPが上昇します。
それが企業のもうけとなり、その一部が労働者の賃金となります。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
国民は景気が良くなることを望んでいます。
それでは、景気が良い状態とはどういう状態でしょうか?
景気が良い状態とは、GDPが増加する状態です。つまりインフレの状態です。

拙文:景気が良くなるとは、インフレ状態の事

しかし、インフレがいいわけないじゃん!と思っている人が多いと思います。
それでは私達がイメージしているインフレはどのようなものでしょう?

個人の生活においては、給料はさほど上がらないのに、物価だけが上がる状態だと思います。
仰るとおり、給料が物価に追いつくのは、タイムラグがあるので、インフレ下では消費者は困ります。
ですから、急激なインフレ(年10%以上)は、いけません。
給料が物価に追いつける程度のインフレでなくてはいけません。

そして適度なインフレ(年3%以下)は日本の経済成長に必要なのです。
日本の経済成長は、日本人が経済的に豊かな暮らしをするためには欠かせないことなのです。
インフレ率が低いと、物価に給料が追いついていきます。

そして日本の経済成長率を計る指標のひとつに実質GDPと言うものがあります。
実はGDPには2種類あります。名目GDPと実質GDPです。

私達は、経済成長率の指標である実質GDPにもっと注目する必要があると思います。
実質GDPに注目することで、日本の経済成長がわかります。
つまり、景気の良さがわかるのです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
このブログも来年2013年で3年目に突入します。
はじめた目的は、ネットで知り合った人への「近況報告」でした。それは今も変りません。
ネットで知り合った人に、自分が何をしているのか、何を考えているのか知ってほしくて書き始めました。

今では私の書いた事に興味を持ってくださる人もいて、定期的にコメントをくださる人もいます。ありがたい事です。大変感謝しています。

また、読んでくれる人も増えて、特に政治的な記事を書くと、50人くらいの人がこのブログを読んでくれます。

ネットの世界で50人くらいはたいした数ではないのでしょうが、現実社会で50人の人に自分の考えを話したり、50人の聴衆の前で講演をすることは、私にはまずありえません。
ちょっとうがった見方をすると、私は50人の人に影響を与える可能性があるのです。

小心者の私にはかなり怖いです^^;ビビッてしまいます^^;
でも、うれしくもあります。

なんとなくこんな事を書くのは気恥ずかしいのですが、人の生きる目的は、「幸せの追求」だと思ってます。

そして、「言葉は道具です」。人に影響を与える、強力な道具です。
使い方しだいでは、人を幸せにすることもできますし、不幸にすることもできます。

そろそろ、肝に銘じておかなくてはと思いました。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
3年前と今回の選挙後の週刊朝日と日刊ゲンダイの表紙です


週刊朝日

日刊ゲンダイ

どちらも中立でないことがわかると思います。
週刊朝日の発行部数は20万部、日刊ゲンダイにいたっては160万部と言われています。

日刊ゲンダイこそタブロイド紙なのでどうでも良いのですが、読む人は偏向している事を良く理解して読んで(見て?)欲しいと思います。

週刊朝日の発行部数は20万部ですので、国民の500人に一人が購入するくらいです。
そのくらいの頻度でヒダリがかった人はいるということだと思います。

参考サイト:facebook小笠原理恵
        正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
      
<2013.05.31 新聞の偽善 曽野綾子の証言>に続く
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
日本国は中○人や韓○人の移民を積極的に受け容れているわけではありません。
しかし、一部では「積極的」に、受け容れようとしている向きもあるようです。

私は日本国民がこの日本国をどの方向に発展させたいか考えないといけないと思っています。
私自身は日本文化が好きなので、未来永劫日本文化を守りたいと考えています。

私の認識が間違っていればありがたいのですが、私は中○人や韓○人が、日本国土に土足で入り込み、好き勝手な事をして、結果として日本文化が破壊されていくように感じています。

謙虚、礼節、思いやり、優しさ・・・そのような良き日本文化が、中○人や韓○人により踏みにじられていくように感じています。

彼らは、彼らのやり方をこの日本国でもやろうとしています。
私は、ある程度は、動物や植物の外来種が国内に入ってくる事と同様、防ごうとしても防げないもの、致し方ないものだとあきらめています。
しかし、一部では「積極的」に、受け容れようとしている向きもあるようです。

札幌市のゴミ袋をみると、ここまでしてあげる必要があるのかと、嘆かわしく思います。



日本国が好きで、日本文化が好きで、日本国に来てくれる外国人は大歓迎です。
一緒になって日本国のために働きたいと思います。
またその相手国の国民と仲良くなりたいと思います。

しかし、他国に来てまで、中○や韓○のやり方で生活されるのはうんざりです。
日本国では日本国の文化を守って生活して欲しいと思います。

私達は、中○人や韓○人を日本に受け容れるか考えなくてはいけないと思います。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。