上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
ビル管理士試験模範解答集〈平成25年版〉ビル管理士試験模範解答集〈平成25年版〉
(2012/12)
日本教育訓練センター

商品詳細を見る


まだ梅雨真っ盛りですが、梅雨がないとしたらどのくらい太陽光線を浴びるか考えてみました。

日射量

この図は夏至の日の、太陽エネルギーを受けとる量を表したものです。
今年の夏至は6月21日でしたが、今も太陽の位置はほとんど変わりません。
(この図で表されている日射量は直達日射量と言いまして、直射日光とはちょっと違います。興味のある人は調べてみてください)

それでは、昼間の12時に屋根(水平の屋根だと思ってね)と南向きの壁面でどの位日光エネルギーを浴びるのか考えてみます。

横軸が時間になっています。12と書いてあるのが昼の12時です。
その時、点線で水平と書いてあるのが水平面、つまり屋根が受ける日光の量です。
だいたい900W/m2です。
大雑把に云うと、1平方メートルが受け取る太陽エネルギーで電子レンジを動かすことができます。

それでは、南面の壁ではどの位のエネルギーを受け取ることができるでしょうか。
実線でSと書いているのが南向きの壁面が受け取るエネルギーの量です。
200W/m2ちょっとでしょうか。

つまり、夏至の日では、屋根と南向きの壁では4倍も受け取る太陽エネルギーが違うのです。
ちょっとびっくりしませんか?
びっくりするのは、私だけだろうか^^;
スポンサーサイト
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
チャーチル 不屈のリーダーシップチャーチル 不屈のリーダーシップ
(2013/04/25)
ポール・ジョンソン

商品詳細を見る

チャーチル・・・イギリスの元首相で、20世紀を代表する政治家のひとりです。

チャーチルは第一次世界大戦の10年以上前こんなことを言っている。
「民主主義は君主国の内閣より執念深い。国民の戦いは国王の戦いより恐ろしいものになるだろう。」

確かに第一次世界大戦は1000万人近くいます。
1000万人というと、現在のギリシャやスウェーデンの人口に匹敵します。
それだけの若者の命が4年間の戦争で奪われたのです。
非常に悲しいことです。

ただ・・・こういう情報は不謹慎かもしれませんが・・・

当時1920年ころ世界の国の人口を合わせると19億人になります。
それで自然死はだいたい100人に1人です。
つまり戦争がなかったとしても、一年間に1900万人の人が死んでいるのです。
これが第一次大戦の4年間では7600万人になります。
戦争がなかったとしても7600万もの人が自然死をします。
戦争があったことで、1000万人13%ほど死ぬ人が増えただけなのです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
大津中2いじめ自殺 学校はなぜ目を背けたのか (PHP新書)大津中2いじめ自殺 学校はなぜ目を背けたのか (PHP新書)
(2013/03/17)
共同通信大阪社会部

商品詳細を見る

胸が痛くなる。

被害者の少年、その両親、加害者の少年、少年たちの親、担任の先生、校長、教育委員会、スクールカウンセラー、警察、それぞれの思いを感じて具合が悪くなります。

もちろん加害者の少年たちが一番悪いのですがそれだけではありません。
それだけではこの事件は起こらなかった。

それぞれいろんな意味で不完全な人間で、それぞれ責任も取りたくない気持ちもわかります。

小中学生の自殺は年間200件あります。しかし統計上いじめによる自殺は4件です。
教育関係者が自殺の原因がいじめだと思いたくない気持ちはわかりますが・・・私はとても信じれません。

悲しい事件を繰り返さないために私達にできる事はなんでしょうか?
とりあえず私はこの事件を忘れないで、考え続けたいと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
最近ポツポツと古事記を読んでいます。
神々の世界はすごい!
想像を絶する世界です。

神様の世界は大雑把に云うと、アマテラス系とスサノオ系に別れるようです。
アマテラス系は現代の皇室につながる系統で、別な言い方をしますと伊勢神宮の系統です。
一方、スサノオ系は出雲神社の系統です。

アマテラスとスサノオは姉弟でして、(成り行き上?)対決をすることになります。
その対決方法がこれまたすごいのです。

それぞれ子供を産んで、その子供で勝敗を決めようというのです。
この時点で私のような凡人には意味がわからないのですが、対決は続きます^^

まず、アマテラスはスサノオの持っている剣を取り上げ、その剣を折ってしまいます。
さらに折った剣を口に含み、破片にして吹き出します。そうやって子供を作ったのです・・・

・・・繰り返しになりますが私のような凡人には意味がわかりません^^;


スサノオも負けじと、アマテラスの勾玉を口に含み、破片にして吹き出します。
そうやって子供を作ったのです。

お話はさらに続くのですが、凡人である私の頭はこの時点で充分パニック状態です。

でも、すごくおもしろいです^^


こちらのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

「日本の原典! 古事記物語」

kojiki
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

新版 世界憲法集 (岩波文庫)新版 世界憲法集 (岩波文庫)
(2007/01/16)
高橋 和之

商品詳細を見る

そもそもなんで憲法ができたかという事を考えてみたいと思います。

イギリスには憲法がありません。と書くと語弊を与えますが、少なくとも日本や他の国のように○条からなる憲法は存在しません。それでも、民主主義国家として国を運営していけてます。

最初の憲法が作られたのは、アメリカとフランスで18世紀末です。
アメリカは独立、フランスは革命・・・その国の社会構造が変革しました。
今までと社会構造が変わった時、国のあり方を明文化する必要があった。そこで憲法というアイディアがうまれたようです。
日本も二回憲法が作られました。その時期を考えると大きく日本が変わる時期と重なっていますのでこの考えは納得できます。

逆に云うとイギリスは大きな改革もなく今日を迎えているという事でしょうか?
ピューリタン革命は大きな改革ですが17世紀です。
この頃はまた憲法というアイディアはなかったと捉えたほうが良いのだと思います。
イギリスについてはまた今度考えてみます。

それでは、一体誰が憲法を作ろうと考えたのでしょう?
本書によればブルジョワ階級です。
資産家です。彼らは自分たちの自由(お金儲けの自由)と資産(お金そのもの)を国家や国王から守る必要があったようです。
それで、憲法を作り、明文化する必要があったとの事です。

現在はまた違った意味合いも含まれているのでしょうが、憲法のアイディアができた時点では、ブルジョワが為政者から、自分たちの財産を守るために作ったもののようです。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.06.22 憲法の意味は

新版 世界憲法集 (岩波文庫)新版 世界憲法集 (岩波文庫)
(2007/01/16)
高橋 和之

商品詳細を見る

本書の冒頭に以下のように書いてあります。
「憲法とは多様な意味で用いられるが、ここでは国家の統治体制の基本を定める法と理解しておこう。」

私は今憲法が知りたくてこの本を読んでいるのですが、のっけから困ってしまうのです。

私は自然科学や工学を中心に勉強や仕事をしてきました。
そのせいだと思うのですが、言葉の定義をしっかりしようします。

私としては、ずばり「憲法とは何々である」という定義が欲しいのです。
その上で、ただし日本では・・・とか
国民国家においては・・・とかの説明が欲しいのです。

著者は「憲法は多様な意味で用いられる・・・」と言います
私にすれば、それって、その時その場で使い分けて良いってことなの?

著者は「・・・ここでは・・・」と言います。
ここではとは、この本ではって意味だと思うけど、別な本や講義では別な意味に使われるって事なの?

憲法の意味ってそんな曖昧でいいのでしょうか?
世界中の多くの国が憲法を持ってそれを大切にしていると思っていますが、そのようなものなのでしょうか?

しかし人文系の学問ではこのような事がよく起こるような気がします。
この辺が文系の学問が私の頭に馴染みにくい原因なのかもしれません。

関連:憲法と法律の違い
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える
(2013/03/30)
ダニエル・コーエン

商品詳細を見る

マルサスの法則っていうのがあって、人口は等比数列(1,2,4,8,16・・・)で増大するけれど、食料などは(1,2,3,4,5・・・)としか増加しないそうです。
法則どおりに人口が増えない場合は、貧困や戦争、病気、堕胎などの人口増大の「妨げ」が作用したとされるそうです。

確かに中世まではこれで説明ができるかもしれませんが、近代以降の先進国の少子化による人口の伸び悩みは説明がつくないと思うのだが・・・貧困でも、戦争でも、病気でも、堕胎でもないけど人口が増えない・・・

マルサスはイギリス人です。マルサスが人口論を書いたのが1798年。まだ近代の先進国の少子化現象が起こる前だったのでしょうか?
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

すぐわかる中国の歴史すぐわかる中国の歴史
(2012/01)
小田切 英

商品詳細を見る

1931年満州事変が勃発しました。
この事件に関しては関東軍の自作自演です。
しかし、悪いのは日本人で中国人は可哀想な被害者だと言えるでしょうか?

満州事変の4年前、1927年に南京事件がありました。
日本軍が南京を陥落した1937年の南京陥落とは別の事件です。

当時、中国は南北に分かれての内戦状態でした。
租界地の南京で日本人を含む欧米人6人が、国民革命軍を装う中国共産党に襲われ死亡しました。また、負傷者も多数でました。

その時、アメリカ軍とイギリス軍の艦艇は射撃をおこない、陸戦隊を上陸させて居留民の保護を図りました。
本書では砲撃により死亡した中国人は2000人と書かれておりますが、

大東亜戦争への道大東亜戦争への道
(1990/12)
中村 粲

商品詳細を見る

によると中国人死者は12名です。何故、こんなに死者数が違うのか?
その辺の事情は、<「1927年の南京事件」について考える>に詳しく書かれております。

また、日本軍は英米と共同歩調をとらず、中国を攻撃しませんでした。
その理由は、国民革命軍の蒋介石と手を組んでいたためともいわれています。

しかし、藤原正彦氏

日本人の誇り (文春新書)日本人の誇り (文春新書)
(2011/04/19)
藤原 正彦

商品詳細を見る

によれば、日本は英米と共同歩調をとらず距離をおいた事が、太平洋戦争でアメリカと戦うことに継ったのではないかと指摘しています。

そして、砲撃しなかった日本に対して中国人はありがたがるどころか、日本の軍艦は弾丸がないと嘲笑したという事です。中国人の日本人に対する侮蔑が漢口事件に継ったといいます。
当時の日本人も中国人の態度には我慢ならなかったのだと思います。


それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤 陽子

商品詳細を見る

によれば、「満州事変」の2カ月前のアンケートで東大生の88%が中国への武力行使を肯定していたという事です。

今、中国が尖閣諸島は中国固有の領土だといって領海侵犯してきます。
尖閣を国有化したといっては、暴動をおこして日本企業に打撃を与えます。
このような状況を鑑みると、当時も今も日本に対する態度は何も変わっていないように思います。
果たして中国は日本に侵略された可哀想な被害者だと言えるのでしょうか?

1932年の日本>に続く
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
僕はある意味、共産党には一目おいています。

共産党の政策や方針には全く賛成できません。
森つねと氏も基本的に共産党の方針を貫いているようで、その政策には賛成できません

しかし、その態度には惹かれるものがあります。
他の政党のように政局を読んで連立を組んだりしません。
ある意味実直な政党だと評価しています。
孤高でもありまhttp://recentreport.blog.fc2.com/blog-entry-699.htmlす。

何時の時代にか、共産党の方針が見直され、世間に受け入れられる日がくるかもしれません。

関連情報 7月の参議院選 北海道選挙区立候補予定者
伊達忠一(自民党)
小川勝也(民主党)
浅野貴博(新党大地)
安住太伸(みんな)
森山佳則(幸福実現党)
森英士(共産)
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。