上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
正しいやりかたは、参考書に載ってますので、私は大体正解を導き出す方法を書いてみたいと思います。

まず、「左手の法則」と「右ねじの法則」でBに加わる力を図示します。
25理論問4
導体Bが受ける力は次の4つです。
・FA1:直線部分B'がAから受ける力
・FA2:直線部分B"がAから受ける力
・FB':B”がB'から受ける力
・FB":B'がB"から受ける力

FB'とFB"は力の大きさは反対で、方向が逆なので合力は0です。
また直線Aからの距離を考えると、力の大きさはFA1>FA2です。
これらの事からBは+x方向に力を受けることがわかります。
この時点で回答の(2)(4)のどちらかであることがわかります。

無限直線から受ける力の大きさは距離に反比例することから、

FA1:FA2=1/d : 1/(a+d)

さらに、FA1とFA2のベクトルは反対ですので合力は、

FA1-FA2=1/d-1/(a+d)=(a+d-d)/(d(a+d))=a/(d(a+d))

a/(d(a+d))が回答に含まれるはずです。
しかし、(2)(4)ともに、a/(d(a+d))が含まれています。
しかしよく見ると(4)は分子に余計なもの(a+2d)が入っています。

故に(2)が(大体)正解になります。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1008-db3ed4a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。