上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
この問題では下の公式を知っていれば答えがでます。

e=BlπDn/60 ・・・(1)

この公式の元になる公式が2つあります。

e = Blv ・・・(2)

v = πDn/60 ・・・(3)

今日は(2)式について考えてみました。

Bは磁束密度といい1平方m当たりの磁束Φの数です。
単位はT(テスラ)と言います。

磁束Φの単位は(ウェーバー)です。

Bの単位TはWbを使って Wb/m^2 と表すこともできます。

また、l は長さなので単位は m です。
v は速度なので m/s です。

(2)式を単位も一緒に書いてみます。

e (V) = B (Wb/m^2) l (m) v (m/s)

= Blv (Wb/s) ・・・(4)

電圧の単位 V を Wb/s で表すことができました。

そもそもWbとは1Vの起電力を発生させるのに必要な磁束の変化量です。
換言すると、1s(秒)で1Wbの磁束を横切ると、1Vの電圧が発生するのです。

H25機械2

設問は他励直流発電機をモデル化したのもです。自励の場合はBが変動しますのでちょっと違います
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1033-8fe6ca6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。