上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
力率改善の目的で進相コンデンサが使われます
その進相コンデンサの高周波対策や突入電流の緩和の目的で直列リアクルが使われます
つまりLC直列回路がつくられます
H26法規13b
LC直列回路では XL = Xc の時 Zが理論上ゼロとなります
この状態を共振といいます
共振状態では大電流が流れ機器が破損しますので、避けなくてはいけません

下表は、進相コンデンサの基本波に対するXを100%とした時の、標準的に使われる6%、13%直列リアクトル、設問の3.98%リアクトル(注1)の各高調波に対するX[%]の値です

高調波基本波第3第5第7
進相コンデンサXc1Xc3Xc5Xc7
100%33%
20%14%




3.98%L4.0%11.9%19.9%27.9%
6%L6%18%30%42%
13%L13%39%65%91%

第5高周波の時、設問の3.98%Lでは進相コンデンサと直列リアクトルのX値は大変近くなっていて、共振付近である事がわかります

注1:こちらでは160kvar基準で Xc : XL = 150.9 : 6 としましたが、106kvar基準に変換すると 100 : 3.98 になります

関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1095-ca909807
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。