上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまでフェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
(2000/01)
サイモン シン

商品詳細を見る

xn + yn = zn
n= 3以上について、x,y,zの整数解はない

このシンプルな定理がフェルマーの最終定理です

1637年頃フェルマーは、ディオファントス(246頃-330頃)の「算術」を検討していました
「算術」には、ピュタゴラス(BC569頃-470頃)の定理(三平方の定理)とその説明が載っていました

x2 + y2 = z2

このピュタゴラスの定理に対する解は無限にあるそうです

フェルマーは n=3 以上になると一つも解がないことに気付いたのです
そしてフェルマーはメモを添えたそうです。メモにはこう書かれていました。

「私はこの命題の真に驚くべき証明を持っているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない(p96)」

それから360年後の1995年アンドリュー・ワイルズがフェルマーの最終定理を証明しました
実際ワイルズの証明は200ページにも及ぶ長いもので、フェルマーのいうように余白には書ききれないものになったようです。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1101-4d210e74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。