上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
高圧配電線路(6.6kV)では、Δ結線が使われます
第3調波を逃せるというメリットと、1相が壊れてもV-V結線として使えるメリットがあるからです

また電流は数10アンペアまでならほとんど問題になりません
数100アンペアになると、それなりの太さの電線が必要になります
これはCVケーブルの場合で例としてあまり良くないのですが(p297、表8-2)、
例えば断面積14mm2(直径約4mm)ですと、69Aまで電流が流せるのですが、
400Aの電流を流そうとすると断面積250mm2(直径約18mm)とかなり太い導線が必要になることがわかると思います
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1125-71c24eec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。