上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
H26年機械問8は、問題の図が間違っていたため、問題自体が取り消された珍しい問題です
26機械8訂正
定格2次電圧の位置が違っています
確かにきちんと考えると訂正前の位置では、どのように問題を解いていけば良いかわからなくなります
でも多くの人は公式を当てはめて答えを出したと思います

変圧器(に限りませんが)は、内部に抵抗やリアクタンスなどのインピーダンスを持っています
このインピーダンスにより、負荷に供給する電圧が下がります
この割合を電圧変動率といいます

また、電圧変動率は負荷の力率に影響されます
力率が100なら、抵抗分だけの電圧降下となり、リアクタンス分の影響はありません
しかし力率が90、80、70と下がるに伴い、リアクタンスに影響が多くなってきます

また設問とは関係ありませんが、%Z(パーセントインピーダンスまたは百分率インピーダンス)は、
p(百分率抵抗)と、q(百分率リアクタンス)で求めることができます

%Z = √( p2 + q2 )

この%Zは地絡電流や短絡電流を計算するのに便利です
送電線などの地絡電流や短絡電流の計算にも使います
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1168-a25c06b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。