上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.12.31 ヒト
系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 (BERET SCIENCE)系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 (BERET SCIENCE)
(2014/10/24)
長谷川政美

商品詳細を見る


ヒト属 ホモ・サピエンス(以下ヒト)、ホモ・ネアンデルタール とか
ヒト科 ヒト、オランウータンとか
ヒト上科 ヒト、テナガザルとか
狭鼻猿類 ヒト、ニホンザルとか 左右の鼻の穴の感覚が狭い
 (ニホンザルは尾が短いにも関わらずオナガザル亜科なのだ!)
新猿類 ヒト、メガネザルとか
 (夜行性の動物の目に光を当てると目が光るのはタペータムがあるからです。タペータムは鏡のようなもので、網膜を通り過ぎた光をもう一度タペータムで反射させて、網膜に送ることで光量を2倍にしています。そもそも哺乳類はタペータムを持っていたようですが、進化の過程で新猿類はタペータムを退化させてしまったようです。メガネザルは夜行性ですので、タペータムないぶん光量を補うのに、目を大きくなったのではないかと考えられています)

まだ先もあるのですが、今日はここまでです
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1210-80eecdce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。