上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2015.07.19 強行採決
今回の衆議院での安保法案の採決を「強行」採決と言う人もいます。
議会で多数決により法案が採決される事を「強行」というなら、「普通の」採決との違いはなんだろう?
私にはよくわからない。

今回の「強行」採決について自分の意見をまとめてみました
「強行」と考える人の代表的な意見を抽出し、それに対して反証を試みることで自分の意見をまとめてみました


<強行採決と考える人の意見1>
審議時間か足りない
<反証>
いくら議論を積み重ねても、賛成の議員はどこまでも賛成。反対の議員はいつまでも反対。
国会での審議で、意見が変わる議員は一人もいない。
審議時間を増やしても、可否の結果が変わることはない。


<強行採決と考える人の意見2>
国民の理解が得られていない
<反証>
今現在、理解していない国民はそもそも安保法案に興味がない国民
そもそも興味のない国民にいくら説明をしても、これ以上国民の理解が得られることはない


<強行採決と考える人の意見3>
デモで多くの国民が安保法案に反対している
<反証>
選挙の有権者数は1億人
10万人(主催者発表)がデモで反対したとしても、有権者の0.1%が反対をしているにすぎない。
5千人(警察発表)では、有権者の0.005%(50ppm)・・・全く話にならない


<強行採決と考える人の意見4>
世論調査の結果、国民の多くが反対している
<反証>
選挙結果より世論調査を優先する理由はひとつもない


<強行採決と考える人の意見5>
数の論理のおしつけ
<反証>
多数決の否定は、「現在の」民主主義のルールの否定。
そうであれば、この議論は国の政治体制に関わる議論になる
安保法案の議論にはならない
もっとひろく議論をしなくてはならない
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1283-7bbeed69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。