上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
わりと簡単に回答できる問題ですが、あえて別解を考えてみました。
その結果、並列回路の合成抵抗が(少しは)イメージできるようになりました。

並列抵抗回路

並列する抵抗Ra 、Rb と合成抵抗 R0 には次のような関係があります。

大きいほうの抵抗をRmax , 小さいほうの抵抗を Rmin とした場合

Rmin  / 2 < R0 < Rmin ・・・(1)

ただし Rmax = Rmin の時と、Rmin = 0 の時は除きます。

(1)式は

0 < Rmin < 20 ・・・(2)

と書き換えることができます。

合成抵抗 並列抵抗

それでは問題を解いていきます。

27理論4-0

ええっと、(自分が)説明しやすいように設問の図を書き直しました。

<書き直した図>
27理論4-1

問題分よりわかっている値は書き込みました。
60Ωの抵抗は3つありますので、左から(1)(2)(3)とします。
①②③は、これからの説明で求まる値です。

それでは問題を解いてみます。

① 60Ω(1)に掛かる電圧は 90V-30V = 60V と求めることができます。

② 60Ω(1)に掛かる電圧が60Vですので、半分の30Vが掛かっている合成抵抗R0の抵抗も半分の30Ωとなります。

③ (2)式より、30Ω < R1 < 60Ω となります。

1がこれが条件に合致するのは回答群の中では(5)のみとなります。

↓少しは役に立ったと思ったらツイートしてね
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/1287-6c3f062e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。