上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2012.08.23 組織論

転落の歴史に何を見るか―奉天会戦からノモンハン事件へ (ちくま新書)転落の歴史に何を見るか―奉天会戦からノモンハン事件へ (ちくま新書)
(2002/03)
斎藤 健

商品詳細を見る


日本は第二次世界大戦で負けました。その原因については、さまざまな切り口から、さまざまな人が言っています。

この本では組織論と言う観点から説明を試みています。
日露戦争とその30年後の第2次世界大戦における、軍隊の組織の変質を元に説明を行っています。

第2次世界大戦時の軍隊の組織のあり方は、現在の組織、官僚、会社組織、はては高校野球部にも通ずるところがあり、とても興味深いです。

ご一読をお勧めします

なお、著者の斉藤健は自民党の衆議院議員であります。私はこちらのブログ「歴史好き≪ナンチャッテ≫100kmウォーカーの憂鬱 斎藤健議員の名演説(国会質問)」で知りました。
ぜひ動画をご覧ください。その迫力に圧倒されます。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/134-35f6bb1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。