上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
日本では大学を卒業した人の20%はまともな仕事に就いていないようです。
一方、中小企業は採用難だそうです。
学生からすると、中小企業に就職してしまうと、生涯賃金や待遇で一生大企業には追いつけないと言う事で、中小への就職を控えてでも、大企業に就職するチャンスをうかがっているのでしょう。

韓国でも同じような状況ですが、韓国はさらにすさまじく、今年の就職率は60%、40%が就職していないそうです。

茂木先生の言葉で言えばこのような現象は偶有性忌避症候群と言う。

挑戦する脳 (集英社新書)挑戦する脳 (集英社新書)
(2012/07/13)
茂木 健一郎

商品詳細を見る
この本では、韓国の若者は遇有性の波に飛び込んでいくと書かれているが(P119)、それは間違いで韓国もあまりに日本とは変らないのではないと思う。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/150-9a64192a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。