上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
まだ続いているが、今回の尖閣、反日(と言われているけど)デモで、中国と付き合うのは嫌だ!
中国との貿易は止めよう!と思う人も多いのではないでしょうか?

我々がなんとなくいだくイメージではもはや中国と経済関係を緊密にするしかない様に感じます。
でも、私の計算によると、日本の経済に与える影響はさほど大きくないようです。

日本から見た対中(2011)の輸出は1600億ドル、輸入1800億ドルです。
200億$の赤字です。

日本のGDPは5.9兆ドルですから、GDPに占める対中国輸出額は3%程度しかありません。
もし、中国に輸出できる分がまるっこなくなっても、国民経済への痛手はGDPを3%押し下げるものです。

もちろん輸入もあるので、単純に3%下がることはないでしょうし、他の国と輸出入を活性化すれば、もっと圧縮することは可能でしょう。

一方、中国から見るとGDP対日輸出額は2%位です。日本より影響が少ないでしょう。
中国から見ても、日本と貿易がなくなっても何とかなる数字だと思います。

私なんかは、日本なんて大っ嫌いだと言っている反日国家との貿易は控えて、他の国インド(12億人)やインドネシア(2億人)ともっとお付き合いをしたほうが、長い目で見れば良いと思うのですが。

どうなんでしょうか?
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/169-4739f7c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。