上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
原子力保安委員会のやらせ事件もありますが、九州電力のやらせメール事件を中心に書きたいと思います。

私はこのような事が起こる背景はよく理解できます
(誤解しないで欲しいのですが、決して、このやらせ事件を良いと言っているわけではないですからね)

一人の人間が組織の一員となってしまった場合、そこの組織の意向に沿う行動をしてしまうのはよくわかります。
九州電力の社員も、関連会社の社員も、一個人としては、これはまずいなーと思いながらも、やらせメールをしていたと思います。

だって、「会社に反抗」して内部告発してもその社員にはデメリットしかないのですから・・・
正義を貫いた満足感はあるでしょうが、失うものが大きい

その人の将来はないし、家族も路頭に迷う可能性だってある。
会社の上層部からするとその社員は、「会社の意向に添えない者」であるから、昇進にも影響するでしょうし、リストラがあれば真っ先にリストラ対象になるでしょう。
自分ひとりならまだしも、家族もいればなかなか「会社に反抗」するのは難しいと思います。

では、どうすればいいでしょうか?

国で収入を保証する事はできないでしょうか?
もし、この社員がリストラされるような事があっても、国が収入を補償してあげれば良いと思います。

むしろ、感謝の意味を含めて多めに与えてもいいと思います。
だって、その人のおかげで、国民が不利益をこうむることから免れたのですから。

国民一人当たりにすれば、税負担は1円にもならないはずです。
内部告発褒章金をだしてもいいと思います

怪しげな、人権法案より、ずっとましだと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/264-5b3674e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。