上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2011.08.24 読解力
国語、数学、理科、社会、英語。それぞれ勉強の仕方があると思いますが、一番勉強の仕方がわからなかったのは、国語の読解力の勉強方法だったのではないでしょうか?

テストで問題を解いても、あれもこれも正解のような感じもするし、これだって言う決め手がなかなかない。答え合わせをして、解説を読んでもすっきりしない。そんなことはありませんでしたか?少なくても私はそうでした。

学校を卒業して、中学校の国語の先生に会う機会がありました。その時先生はこう言ってました。
「実はな、先生もテストの答えがはっきりわからない事があるんだ。国語って言うのは、その位奥が深いって事だ!のう、たける!」
酔っ払いの先生は、そう言って私の肩をドンと叩きました。

なるほど・・・うーん、でも先生がわからないものを、生徒が教えられてもやっぱりわからないよなー・・・



時は流れて、先日こんなものを発見しました。

「5つのタイプの読解力」

読解力は5つのタイプに分類できるようです。なるほど、逆に言えば、5つのタイプそれぞれをクリアできれば、読解力が身についていると言うことができます。

タイプと表現していますが、レベルと受け取ってもいいと思います。

くわしくは、こちらのブログを見てもらえれば良いと思います。
5つのタイプの読解力


関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/276-bd158c33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。