上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
先日、スポ根は嫌いだと言いました。
また、スポ根が嫌いな理由の一つとして、戦争に突入していった時の日本国民の気持ちと似ている事を挙げました。
また、スポ根をあがめると、また戦争に突入するのではないかと危惧していました。

この事について私の思い違いがあったようです。
真珠湾攻撃の後、伊藤正を含む著名人が「さわやかな気分」と言っている意味を履き違えていました。
どうも、当時の日本人においては、アメリカに勝つとか負けるとかはどうでも良かったのではないかと思えてきました。

日中戦争の先の見えないもやもやした状態から開放されて、強いアメリカを相手にするということが、むしろすがすがしくさわやかに感じていたのではないかと思えます。
何かを決意したものが、結果どうあれ、力いっぱいその道を進むしかない。
その決意からくるさわやかさだったのではないかと思えてきました。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/304-baff9c90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。