上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
原発事故以来、私は政府を信用してません。
今回の「冷温停止宣言」も、何なのかさっぱりわかりません。
政府は、事故を小さく見せようとしています。

私は1年前までは政府を信じていました。
今も国民の多く(少なくても8割以上)は、政府を信じていると思います。

これは世界的に見れば珍しいことなのだと思います。
多分日本と他数カ国の独特の現象なのだと思います。
先進国を含め多くの国では政府を信じないのは当たり前なのかもしれません。

政府を信じないところにも、グローバル化の波がひしひしと押し寄せているのでしょう。
私は、政府が信用できないと言うことは、日本の文化にとって忌々しき問題だと思ってます。
日本の社会は、お互いの信頼関係の上に成り立っています。
それが日本の文化であり、強みだと思います。

実は私は「国民皆番号制」に賛成でした。
その方が、税金も徴収しやすいし、不正を行いにくいと思っていたからです。
効率的な社会が築けると思ってました。

でも、政府が信用できなくなってきて、「国民皆番号制」にも、少し懐疑的になってます。
もしかして、政府に悪用されるのではないかと心配してます。

政府が信用できるか、できないかというのは、効率的なシステムを作れなくなるということです。
これこそ、今まで日本が培ってきた文化の基盤が破壊されることになるかもしれません。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/387-922300b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。