上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
私は、昨年12月に発覚した熊本市役所での恐喝事件を受けて、「熊本市は狂っている」と言う記事を書きました。
今回は、熊本県が教科書の副教材で「竹島は日本の領土」と明記しました。この事に対して、韓国の忠清南道のナム・グンヨン経済通商室長と言う人が、「間違った表記で正さなくてはいかん!」と言っているそうです。

今回の熊本県が、当たり前の事とは言いながら、副教材を採用した事は評価したいと思います。
変な圧力に屈しないで、その副教材を使い続けて欲しいと思います。

それと、このニュースはサーチナでしか報道されていません。他のメディアで報道されることを希望します。
多くの人に知ってもらいたい。そうでないと、熊本県が圧力に屈してしまいそうです。



忠清南道「竹島表記」に抗議…熊本県との交流断絶も示唆=韓国 サーチナ

  熊本県の学校で竹島(韓国名・独島)を「日本固有の領土」と記述した副教材が使われることを受け、熊本県と姉妹提携を結ぶ韓国忠清南道は10日、教材を使用しないよう抗議した。複数の韓国メディアが報じた。

  忠清南道のナム・グンヨン経済通商室長は記者会見で、「熊本県が予算を支援した副教材は、独島を竹島と表記し、日本固有の領土だと誤った主張を含んでいる」とし、「これを正すために国内外で共同対応体系を構築する」と述べた。

  ナム室長によると、4月中に特使を派遣し、熊本県側に遺憾を表明すると共に、教科書の採択撤回を求める抗議書簡を伝える方針という。熊本県側の反応が薄い場合は、「道連絡官の召還など、段階的に強靭な措置も検討する方針」と主張した。

  忠清南道と熊本県は1983年に姉妹提携を結び、双方の連絡官が相手の自治体に常駐し、さまざまな分野を通じて交流を続けてきた。しかし熊本県にある3つの学校が、竹島は「日本固有の領土」と記述した教科書を副教材として採用。県はこれに11万4000円の予算を支援していたことも判明した。ナム室長は、「熊本県がわい曲した教科書の採択を継続するなら、姉妹提携を中断する措置まで考慮している」と話した。(編集担当:新川悠)
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/4-298f6de3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。