上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
1937年の衆議院選挙に思う>から続く

私は昨年来、何で日本が真珠湾攻撃を仕掛けたのか調査してました。今では、日本はアメリカにはめられたと思っています。簡単に言ってしまえば、ルーズベルトが日本をはめたのです。


真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々/ロバート・B・スティネット
¥2,100
Amazon.co.jp

 
「真珠湾の真実」と言う本があります。ロバート・B・スティネットという人が書いた本ですこの本には、ルーズベルトが日本をはめた事が詳細な資料を元に書かれているそうです
「そうです」と、言ったのは、まだ読んでいないからです
実は今この本が手元にあり、これから読んでみようと思いますでも、きっと私の知識では手に余ると思います

今考えているのは、ブログで感想を書きながら読んでいこうと思っています。皆さんからの、コメントをもらえるとうれしいです

ルーズベルトが日本をはめたと書くと、私がアメリカこんにゃろう!と、思っていると思われるかもしれませんが、そのような事は思っていません^^;

著者もルーズベルトの判断はファシズム(ナチスドイツの事)から、自由(この場合欧米)を守るためだったと言っています。私もとりあえずこの考えを信じています



1945年のアメリカ<トルーマンに思う>に続く
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/426-051fea30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。