上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
私の知っている範囲では、原発のある町では原発賛成です。
福島の事故後も原発賛成です。
北海道の泊村の村長も、青森の大間町の町長も原発の稼動を望んでいます。
住民達も賛成です。
原発の設備のある場所では、賛成なのです。

それは、原発マネーが入るからです。
浅ましいけど、私にはよく理解できます。
貧しさから抜け出すためには、多少のリスクは厭わないのです。

貧しい漁村で一生を送ってきたとうさんやかあさん達にとっては、原発マネーで建てた温泉施設はありがたいものです。
さまざまなリスクを乗り越えてきた人達にとって、生きている間に多分起こらないであろう原発のリスクなどたいした問題ではないのです。
贅沢な暮らしをしている都会の人が原発反対などと騒ぐのは傲慢です
多分、原発反対を叫んでいる人は地域と関係のない人です。
(多分、普天間のオスプレイ反対派の人たちと一緒です)

しかし、原発の周辺の市町村では原発反対なのです。
それは、原発マネーが入らないからです。
福島の事故で原発が安全でないことが証明されました。
原発が事故を起せば、周辺の市町村に放射能の被害が及びます。
原発マネーが入らす、事故の危険性だけ背負わなければならない。
メリットはないのに、デメリットだけ背負わなくてはならない。
原発に賛成するわけがありません。
例え、日本が経済的に困窮しても、自分の生活を優先します。

原発は日本の経済に必要だと言う人は、自分の隣の町に原発ができるとしたらどう思いますか?
それでも、日本の経済のために必要だから俺は我慢すると言えますか?
日本の経済のために必要だからと、自分の家族を説得できますか?

原発の問題は、イデオロギーの問題ではないのです。
地域間の利害の問題だと思うのです。

これは、イギリスのインドに対する分割統治に似ているような・・・ちょっと違うけど・・・
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/481-3d46a424
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。