上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
決して二世だから悪いと言うわけではないのです。
でも、一握りの人間しか到達できない特殊な分野では、一世(親)と同じような実力を出せる二世(子供)は少ないと思うのです。
特殊な分野とは、スポーツや、芸能界、政治家、起業家、発明家などの事です。

例えば、芸能界でも2世タレントがいっぱい出てきますが、親と同じくらいの実力を発揮できるのは関根麻里さんくらいだと思います(多分に主観的で申し訳ありません^^)。
スポーツだって同じようなものだと思います。

政治家だって同じはずだと思うのですが、そのわりには多くの二世議員が誕生している気がします。
しかし鳩山邦男の息子の太郎ちゃんが国会議員になりたいなんていったりするとがっかりします。
この程度で、やっていけるんだなって・・・

芸能やスポーツの世界は実力がはっきり見える分、実力がないとやっていけない。
でも政治の世界は一般人から見えない部分が多いので、実力がなくてもやっていけるのだと思います。

それで思うことがあります。
政治の世界こそ、広く多くの国民に政治家になるチャンスを広げることが大切だと思います。
例えば、公務員。お役所仕事だの、利権を貪っているだのと言う人がいます(私もだ!)
でも、全員がそんなわけありません。志の高い人もいます。
そのような志の高い人に政治家になって欲しい。

公務員は立候補するときに公務員法で職を離れなくてはいけません。
ハードルを下げてやる必要があると思います。
公務員だって生活はあります。現在の仕事を止めるとなると生活に差しさわりがあります。
当選するかどうかわからない勝負に出れる財力に恵まれた人は一握りです。
落選したら元の職場に戻れるようにするなり、法改正してはどうでしょうか?
もっとハードルを低くしても良いと思うのですが・・・
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/494-e5e9be36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。