上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
たまには仕事上の話で、一般の人にも役に立つ話をしたいと思います。
塩素の話をします。

塩素って言うのは、すごい毒で、キッチンハイターとか、「混ぜるな危険」の洗剤を混ぜたときに発生する塩素ガスで有名だと思います。塩素で人を殺すこともできます。

実はこの猛毒の塩素は水道水の中に含まれているのです。
と言いますか、わざと入れているのです。 (えぇー!と驚いてね^^)

どこいらの国の工作員が密かに混入しているわけではなく、通常は、市の水道局の職員なんかがどうどうと入れているのです。

もちろんこれにはちゃんとした理由があります。
塩素は毒性が強いのですが、少量ですと人体に影響はありません。
でも、少量でも体の小さい大腸菌などの細菌は殺すことができるのです。
塩素を水道水に入れることで、大腸菌などの細菌を殺すことができ、人間様にはきれいな水を飲む事ができるのです。

塩素の入っていない水には、大腸菌などの細菌がいる可能性があります。
その場合、お腹を痛くします。
お腹を痛くするよりも、塩素の入った水道水のほうが、人間様には有用だと言うことです。

ちなみに水道法では0.1ppm以上含まれることとなっております。
0.1ppmとは0.00001%です。1トンの水に対して10mlの塩素、コップの底に5mm程度の量です。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/498-2b6c3a64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。