上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

ユーロ危機で日本は復活する!ユーロ危機で日本は復活する!
(2012/08/09)
上念 司

商品詳細を見る


経済がわからないと思っている人は多いのではないでしょうか。私もそのひとりです^^

でもこのたび、何故経済がわからないかわかったので、ここで発表したいと思います。えっへん!
わかっている人には、当たり前の事なのでしょうが、経済は多くの要因と人間が関わるのでわからない(予測が難しい)のが、わかりました。

数学の世界では、公式があってこれはどのような場合でも成り立ちます。

物理にも法則があって、これもどのような場合でも成り立ちます。
ただ物理の場合は、間違っていたり不足している事があって、時々法則が成り立たない場合もあります。

気象学という学問の分野があります。平たく言うと天気予報です。
気象学には、いろいろな理論がありますが、いつも成り立たつようではないようです。
考えられるあらゆるデータを入力して、かなり頭のいい人達が数億円のスーパーコンピューターを駆使して計算しても、明日の天気すら当たらない事もあります。

この原因は、気象を決定する要因が、いっぱいあるからです。
データの精度が低いのかもしれませんし、そもそも必要なデータがそろっていない可能性もあります。

地震学という学問もあります。
これは気象学以上にひどい状態です。今のところ地震予知はできません。
関係者の皆さんごめんなさいm(ーー)m


それで、問題の経済学です。
これも理論はいろいろあり、法則もあるようですが明日の経済の状況をぴたり言い当てることは難しいようです。
経済も気象同様、さまざまな要因が、明日の天気を決めるからです。
よって、現時点ではどれだけ経済学を勉強しても、現実の経済予報が難しいと言うのが現在の状況のようです。

さらに経済の場合は、気象や地震のように自然現象だけが研究対象ではありません。経済を左右する要因に、人間のさまざまな営み、行動や言動の集積があります。その結果予測するのはますます難しいのだと思います。

しかし、経済活動が人間の営みの集積ということは、人間の営みが経済に影響を与えれると言う事です。
ましてや、日本のような経済大国の政府の政策が、経済に影響を大きく与える事は間違いないでしょう。


以上、わかっている人にはあたりまえの、経済がわからない理由の話でした^^

注:拙文は本の紹介ではありません。本書を読んでいて思いついたことを書いただけです。お間違いなく^^
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/522-4546d205
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。