上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
スポーツは良いものですよね。
スポーツで得られる楽しみや教え以上のものはないかも知れません。

けど、大会で一番になる事が最優先されるのは間違っていると思う。
自殺した生徒がいた学校では、一番になることが最優先されていた。
命よりも一番になることが、最優先される社会がそこにある。
ここの学校に関わる人、先生も教育委員会も、保護者もみんな同じ考えのようだ。

一番になる事が一番大切なのだ。


でも、この事でここの学校だけを批難することはできません。
一番願望は私たちの心の中にもあります。

勉強だって、ピアノだってそうです。
一番になろうとするものは必死なのです。
いかなる方法を使っても一番になろうとする。
そこで、考えなくてはならないのは3つあると思います。

一番になることに全てに優先するかと言う事。
私自身は「ない」と言い切れるが、価値があると言い切れる人も相当数いるものと思われる。
日本人全体の約1割は一番になる事こそ意味があると言うのではないだろうか?
決してこの学校の関係者のような一部の人間だけではないと思う。

二つ目は、暴力は犯罪だと言うこと。
勝利どうこうの前にこれは犯罪だと言うこと。
先生は生徒に犯罪を犯しているのだと言うこと。
もし、法律がまちがっているなら、法律を変えなくてはならない。
「高校生には暴力もゆるされる」と言うように・・・

最後の3つめは、未成年者に対する教育という事。
もし、これが社会人のチームであれば、気に食わなければ退部という方法をとったと思う。
しかし、親も先生も勝利優先主義の中で育ってくると、その中で、高校生が抜け出すという行動をするのはとても難しかったと思う。
高校生となれば本来充分自分で判断できる年齢だと思うが、退部することができずに、自殺しか選択肢がなかったのがとても悲しい。
彼らのような未熟なもの達に、判断させるのは難しいと言うことを考えなくてはならないと思う。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/562-07a885dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。