上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

戦時下のベルリン: 空襲と窮乏の生活1939-45戦時下のベルリン: 空襲と窮乏の生活1939-45
(2012/11/22)
ロジャー ムーアハウス

商品詳細を見る

先日「ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義」を読んで、ユダヤ人から取り上げた財産や、占領国からの搾取で、ドイツ国民はわりと潤った生活をしたいたのかと思っていました。

しかし、この本から受ける当時のドイツの印象はまた別のものです。
日本の戦中に似ているようです。
ドイツ国民は食べるのも大変だったようです。

大戦前ヒトラーはドイツ国民に受け容れられていた。
ヒトラーが総統になったのが1934年、2年後の1936年にはベルリンオリンピックが開催され、さらに3年後の1939年ヒトラーの50歳の誕生日はドイツ国民に歓迎されていました。
少なくともこの間は受け容れられていたようです。
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/579-338d4332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。