上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

大宇宙の少年 (創元SF文庫 ハ 1-7)大宇宙の少年 (創元SF文庫 ハ 1-7)
(2008/09)
ロバート A.ハインライン

商品詳細を見る


ハインラインと言う作家を知っていますが?
アメリカのSF作家で既に死去されておられます。

最近、ハインラインの著作を読み返しています。
すると思わぬ発見があります。
自分がこの年になって考えられるようになったことが書かれてあります。

主人公が銀河法廷で正義を主張する場面があるのですが、裁判長曰く「きみはこの審査の目的を誤解している。きみがいうのは<正義>だ。その言葉の意味においては、いかなる二種族間も一致したことがない」「わたしの目的はただひとつ、人類を審査し、人類がわれわれの生存を脅かすか見ることである」

裁判長をアメリカ、主人公を日本を置き換えれば、現在の国際社会そのものである。
また、多くの場合、私たちは正義、正しさを主張したがる。
昨年、サンデル教授が「正義」をテーマによくTVにでていたのも、そういうことです。

しかし、日本国にとって大切なのは、「正義」よりも「安全保障」なのです。

また、「運」については「<幸運>は周到な準備の後についてくる。<不運>はだらしなさからやってくる」と書いています。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/634-f85c5ac1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。