上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
GDPは今の何倍になるか>の続き

少子化はGDPに影響を与えることはわかりました。
しかしそれが経済をマイナス成長(デフレ化)させるほどでもないことがわかりました。

それでは個人の幸せにはどのような影響があるでしょうか?
個人の(経済的な)幸せは、「一人当たりのGDP」の成長でわかります。
それでは、一人当たりの、GDPの成長はどうなるでしょうか。
下の図は、現在を1とした時の今後の「一人当たりのGDP」の値をシュミレートしたものです。
一番上の線は、人口の増減が全くないとして、常に2%の経済成長があるとしてシュミレートした結果です。
一人当たりのGDP
「一人当たりのGDP」については少子化の影響がほとんどないことがわかると思います。
20年後に1.5倍になるものが、1.3倍程度に抑えられる程度です。
それにしても、これから5年間、団塊の世代が退職するころに、経済成長が抑えられることがわかります。

今までの考察の結果をまとめると、少子化は国家の経済には影響を与えるが、個人の幸せにはさほど影響がないということでした。

今後、他国との比較(アメリカ、中国)や、過去との比較をしてみたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/648-2ced990f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。