上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.04.19 国家に望む事
政府の批判をする人は多い。
しかし、我々国民は国家に何を望むのだろう?
一人一人の国民にとって、幸せを追求するというのが人生の目標になると思う。
では国家は国民一人一人の幸せのために何ができるだろうか。

・まず、安全を確保する。他国からの侵略から国民を守る事。
現在の状況であれば、中国から領土を守ることだろう。

次に幸せを追求できる環境を作ること。具体的には仕事の確保。国民一人一人に行き渡るように仕事を確保する事。また社会的弱者には最低限の文化的生活を保障する事。

私はそのいずれもの基礎にあるのが教育ではないかと思う。
国民一人一人の文化的水準の向上により国家の能力を向上させることが肝要に思う。
・正しい教育により、国家で国民を守らせる事。国家を暴走させない知恵を身につける事。
・また個人の仕事をする能力を向上させる事。

教育は政治の影響を受けないように独立しているらしい。
しかし、本当にそれでいいのだろうか?

その時々の政治から独立することの必要性はある程度認めるとして、
それでは、どこで日本の教育の方針が決められているのだろうか?

いったいどこのだれが日本の教育方針を決めているのだろうか?
政治は民意でもある、政治の影響を受けないということは、
民意を反映しないという事。
本当にそれでいいのだろうか?

関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/654-5a511df0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。