上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.05.01 議論の心得
私は議論は好きなのですが、ネットでは不毛な議論になることが多々あります^^;
不毛な議論にしないための心得を書きました。
1年以上前に書いた、「議論のしかた」を加筆して再掲いたします。

私は議論を通じて自分と違う考えに触れたいと考えています。
他人の考えを理解することが私の目的です。

しかし、自分の利益を守るのが目的だったり、
勝つ事(ディベート)自体が目的だったりする人もいます。
このような人達とは議論しても時間が無駄になることを知りました。
少なくとも私はこのような人とは議論をしません。
無駄に時間を費やさないための心得を記しておこうと思います。


議論の心得

<議論を始める前に>

ルール1.敬意を払えること

経験上、相手に粗暴な態度で接する人とは議論をしても無意味です。
なぜなら、相手の話を聞く耳を持っていないからだと思います。
相手の意見を聞く耳を持っている人は、粗暴な態度はしません。


ルール2.議論の目的が一緒であること

議論の目的がお互いに違ったまま話をしていることがあります。
私は「日本人の利益になるにはどうすれば良いか」について話をしていても、
相手は「在日朝鮮人の利益になるにはどうしたらよいか」について話をしている事があります。
このような議論は全く意味がありません。

ルール3.論旨が明確であること

不思議なのですが、自分の主張をはっきり言わない人がいます。
「わからない」ならそれでも言いのですが、故意に言わない人がいます。
日本的な気遣いなのでしょうか?



<議論の途中で>

ルール4.事実を確認する

主張が異なる時に、お互いが認識している事実が異なるときが多々あります。
事実が共有できないと、その後の主張も変わってきて当然です。
事実を確認するようにしましょう。


ルール5.論旨を変えない

最初と論旨が変わってくる人がいます。
ああ言えばこう言うタイプの人です。
彼らは議論に勝つことが目的です。


<議論の終わりに>

ルール6.相手の意見を尊重する

相手の意見が筋の通ったものであれば、
自分と異なる考えでも、尊重しなくてはなりません。
それができない人は元々議論をする資格がないと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/666-0febf791
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。