上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.04.25 在日朝鮮韓国人をどうするか>の続き

在日朝鮮人は、朝鮮から強制連行されてきたかわいそうな人達で、日本政府は特別永住「権」を与えている・・・
と、思われている人がおりますが、いろいろ間違っています。

1.
まず、特別永住権などと言う「権利」はありません。
日本政府が「許可」を与えただけです
何でも「権利」を主張するのはいかがなものかと思います。

2.
また、戦時中強制連行されてきたわけではありません
そもそも、当時の朝鮮半島は日本国です。
そこに住む人たちは日本国民です。

強制連行はなく徴用があっただけです。
さらに、徴用で日本にきた半島の人は
ほとんどは朝鮮半島に帰っていきました。

今日本にいる特別永住許可者は、自分の意思で日本列島に来て、
自分の意思で朝鮮韓国人として、日本に留まった人達です。
今でも返ろうと思えばいつでも自分の意思で半島に戻れる人達です。
それなのに、今現在も日本に留まっている人達です。

現在の朝鮮韓国も当時は日本国です。
そこに住む人は1910年の日韓併合から30年以上も日本国民でした。

戦時中、日本国では徴用がありました。
もちろん、日本列島に住む日本人にも徴用はありました。
1938年より徴用があり、全体で288万人も徴用されました。
別に朝鮮半島の人だけが徴用されたわけではないのです。

さらにいえば、朝鮮半島での徴用は1944年からです。
日本列島より6年も後です。
つまり優遇されていたのです。
徴用された人数も22万人です。
全体の10分の1にもならないわけです。

今現在、特別永住許可を受けている韓国朝鮮人は39万人います。
この人達の外国人参政権や生活保護が問題になっています。
というか、そもそも「ない」権利を「ある」と声高に叫ぶことが問題なのです。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/670-ef7cd0a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。