上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.04.14 憲法42条 一院制を考える>から続く

最高裁判所の裁判官は15人います。
私たち国民は、裁判官を審査する権利と義務があります。
衆議院選挙に合わせて最高裁判所裁判官国民審査が行われます。

国民はおかしな判決をした裁判官に×をつけて罷免することができます。
投票の1/2以上×がついたら裁判官は罷免されます。

でも、普段から誰がどのような判決を下したか気にしていないと、誰に×をつけていいかわかりません。
結局まともな審査になっていません。

国民は普段からどの裁判官がどういう判決をしたか審査しなくてはいけません。
また、マスコミはどの裁判官がどのような判決をしたか知らせるべきです。

現在の裁判官はこちらの15名です。

その中で次回の衆議院選挙で審査されるのは鬼丸かおる氏と木内道祥氏の2名です。
7月の参議院選挙では衆参同時選挙の可能性もあります。

私は今後この2名についてどのような判決を下してきたか調べてみたいと思います。

<2013.06.04 憲法93条 地方といえど外国人に選挙権を与えない>に続く
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/679-b9f9b4bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。