上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.06.09 ホツマツタエ

解き明かされる日本最古の歴史津波解き明かされる日本最古の歴史津波
(2013/03/15)
飯沼勇義

商品詳細を見る

久々に衝撃を受けました。
秀真伝(ホツマツタヱ)という本をご存知でしょうか?

甦る古代 日本の誕生 ホツマツタヱ―大和言葉で歌う建国叙事詩甦る古代 日本の誕生 ホツマツタヱ―大和言葉で歌う建国叙事詩
(2009/07/01)
千葉 富三

商品詳細を見る

によると、紀元前1718年に書かれたものです。

・・・はぁ?

メソポタミアでハムラビ法典が書かれたのが紀元前1760年頃です。
そのころ日本のどこかで、秀真伝(ホツマツタヱ)が書かれたというのです。

もっともWikiによれば、江戸時代の偽作という事ですが、簡単にそうとも言い切れないようでもあります。


現代用語の基礎知識 2013現代用語の基礎知識 2013
(2012/11/15)
「現代用語の基礎知識」編集部

商品詳細を見る


の、編集者であった松本善之助さんは、生涯をその研究に捧げたほどだったそうです。

2011年東北地方を地震、津波が襲いました。有史以前から幾度となく、東北地方を地震、津波が襲っています。
そのことは秀真伝(ホツマツタヱ)にも書かれているようです。

秀真伝(ホツマツタヱ)についてはにわかに信じられませんが、今までの常識を疑ってみる事で命が救われるようなら研究してみたなと思いました。


*******************追記 2013/6/12***********************

ホツマツタヱは全部で40章(アヤ)あり、一般的には以下の時期に書かれたとされているようです
1−28章はBC660年 神武天皇即位の時
29−40章はAC126年 12代景行天皇子息、ヤマトタケルの死後

また、巨大地震と大規模津波の記述については22章 沖津彦火水土(ヒミツ)の祓(ハラ)いに記述されています。
BC1300年代に起こった出来事でこれを、高見産霊(タカミムスビ)、日高見国(ヒタカミノクニ)の津波と言うそうです。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/694-c6299eff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。