上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
チャーチル 不屈のリーダーシップチャーチル 不屈のリーダーシップ
(2013/04/25)
ポール・ジョンソン

商品詳細を見る

チャーチル・・・イギリスの元首相で、20世紀を代表する政治家のひとりです。

チャーチルは第一次世界大戦の10年以上前こんなことを言っている。
「民主主義は君主国の内閣より執念深い。国民の戦いは国王の戦いより恐ろしいものになるだろう。」

確かに第一次世界大戦は1000万人近くいます。
1000万人というと、現在のギリシャやスウェーデンの人口に匹敵します。
それだけの若者の命が4年間の戦争で奪われたのです。
非常に悲しいことです。

ただ・・・こういう情報は不謹慎かもしれませんが・・・

当時1920年ころ世界の国の人口を合わせると19億人になります。
それで自然死はだいたい100人に1人です。
つまり戦争がなかったとしても、一年間に1900万人の人が死んでいるのです。
これが第一次大戦の4年間では7600万人になります。
戦争がなかったとしても7600万もの人が自然死をします。
戦争があったことで、1000万人13%ほど死ぬ人が増えただけなのです。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/707-ecbb6915
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。