上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
我々はなぜ戦争をしたのか (平凡社ライブラリー)我々はなぜ戦争をしたのか (平凡社ライブラリー)
(2010/07/10)
東 大作

商品詳細を見る

アメリカは1965-68年の間、いわゆる北爆を行った。
何100万人ものベトナム人が爆撃で死んでいった。

その間も水面下でアメリカは和平の交渉を進めようとしていた。
しかし爆撃を受け続ける側のベトナム側は交渉のテーブルにつこうとしない。

それはそうだろう、相手のアメリカは一方で爆弾を落とし続け、一方でさあ話し合いをしましょうと言うのだ!
ベトナムが話し合いのテーブルにつくわけがないと思います。

しかしアメリカは違った考え方をする。

ベトナム戦争はマクナマラの戦争と言われていた。
そのマクナマラは言う。

マクナマラ

残念ですが、私はこれがアメリカを代表するロジックなんだと思う。
アメリカは自ら爆弾を落としておいて、相手に非があるという・・・

太平洋戦争末期のアメリカの執拗な沖縄戦、空爆、原爆投下・・・
アメリカは、戦争を早期に終わらえるために、原爆を投下したと言う。

私には同じロジックだと感じる。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/760-53e279c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。