上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
昨日松江市教育委員会は、「はだしのゲン」の学校図書館における閲覧制限の要請を見直しました。

松江市教育委員会も残念ですが、マスコミの報道姿勢も残念で仕方がありません。
せめて1つのテレビ番組でも、どこか一社の新聞社でも、事の経緯を整理して報道してくれないものかと思います。

そもそもこの問題は、一部の松江市民がこのマンガの内容に異議を唱えたことにあります
そのポイントは「暴力や性描写が過激」だと言うことではなく、「間違った歴史認識が画かれている」と言う事です。

「間違った歴史認識」とは、戦時中に日本が行った行為に対する一方的で不当な評価の事です。

松江市教育委員会はこの事に触れす、うやむやの解決を図っています。
マスコミもこの事にふれず、あたかも「暴力や性描写が過激」だという事で、閉架を要求した松江市教育委員会は誤っているというような印象を与える報道をします。

しかし、唯一の救いはネットでは別の意見を知ることができるという事です。

私自身は「はだしのゲン」を読んでいませんので、全体の中でそれがどの程度、中立性公平性にかけるのかわかりません。

しかし、マスコミは少なくとも一部の市民からの陳情が「間違った歴史認識が画かれている」事が問題であったと伝えるべきではなかったのでしょうか?

松江市教育委員会も「手続きに不備があった」などと意味不明な事を言って幕引きを図ろうとしないで、思っていることをいうべきではないでしょうか?

人々のトップに立つ大人たちがこんな調子では日本の未来は暗く感じでしまいます。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/765-3cdfde73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。