上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」
(2013/06/18)
石井 勇人

商品詳細を見る

一般的には、日本の農業は小規模農家が多い。そのためアメリカと比べて価格競争力で劣る。だから、大規模化して「強い農業」にすれば良いと考えている人が多いのではないだろうか。

確かにそうすると価格競争力は向上するようですが、それはアメリカの巨大ビジネスの食い物にされる恐れがあるので充分注意しなくてはいけません。

現在アメリカにおける大規模農業、つまり「強い農業」は、アメリカの種子メーカー、肥料メーカー、飼料メーカー、農機メーカーに頼らないとできない仕組みになっています。

日本でも「強い農業」が推進されれば、これらアメリカの企業に食い物にされる恐れがあります。
この事は、TPPを推進するにあたり、十分注意しなくてはいけません。

アメリカの農産物が日本市場に入ってくることによって、日本の農家が潰れることも十分考えられますが、「強い農業」を推進するあまりアメリカのメーカーに首根っこをおさえられてしまう。
つまり、美味しいところはアメリカに取られてしまう可能性があるのです。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/771-ffd5d72d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。