上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.09.07 社会福祉
さまざまな事情があって普通の会社では働けない人がいます。
そのような人たちに対して、日本では基本的人権が保障されています。
お金をあげることで基本的な生活を保障しようとする考え方です。

僕はこの考えには異論があります。

・働けない人にただお金を与えるだけでは、国全体のGDPが増えないこと。
・多くの被保護者も働きたいと思っていること。

私は多くの場合、さまざまな工夫をすることで、今働けない人も働けるようになると思っています。
働いてもらったほうが国全体のGDPも向上すると思っています。
保護を与えるより、できる範囲で働いてもらったほうが、本人の自尊心のためにも良いと思っています。


僕は社会福祉を「人助け」の概念で語るのは間違っていると思います。

経済の概念として、ただ保護費を与えていたほうが良いのか、さまざまな工夫をしてでも働いてもたって方が良いのか考えてみるべきだと思います。

また幸福(保護者も被保護者も)の観点からも、お金を与えていたほうが良いのか、働いて自尊心を取り戻してもらったほうが良いのか考えてみるべきだと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/774-e6e8366d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。