上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.10.08 父と息子
流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)
(2005/02/15)
重松 清

商品詳細を見る

親と子供は理解し合えない。
思いはあるのに伝わらない。
特に男同士はそうだと思う。

男性は縦社会に馴染みやすい。
相手が先輩か後輩か、年配か年下か、入社が先か後か。
そういう事で、軽んじられたり、尊敬されたりする事を気にしている。

それに加え、父と息子は立場も違う。
父は息子を立派な社会人に育てたい。
だから、息子が社会の規範にはずれそうになると、強く叱責する。

息子は父親の権威的な支配から逃れようとする。
息子が子供から男になるためには必要な事なのだろう。

もし、父と息子が同輩であったなら理解し合えるだろうか・・・
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/799-8607d5f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。