上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2013.10.14 エネルギー
世界の火山図鑑: 写真からわかる 火山の特徴と噴火・予知・防災・活用について世界の火山図鑑: 写真からわかる 火山の特徴と噴火・予知・防災・活用について
(2013/08/22)
須藤 茂

商品詳細を見る

福島原発の事故が起きてから、原子力発電を止めて自然エネルギーに転換したほうが良いと考える人が増えています。
私自身もできれば危険も少なく、放射性物質のゴミの捨て場所に困らないエネルギーに変えるのが良いとは思いますがなかなか簡単にはいかないのが現実です。

その主な理由は3つありまして、ひとつはコストです。
現在家庭用の電力はキロワット時当たり20円でうられています。

それでは生産のコストはどのくらいかと言いますと、風力や光では40円くらいになるそうです。
実は火力でも20円くらいかかるそうです。
火力でも20円というのは、日本では安価で石油や石炭が手に入らないからです。
高い価格で外国から買わなければならないからです。
私は個人的にはメタンハイドレードが上手く採掘できるようになれば、国産のエネルギーが安く手に入ると思っていますが・・・

2点目は規模が自然エネルギーは規模が小さいという事です。
風力発電などは風車一基で0.1万kw程度です。
原子力発電は一基で100万kw程度発電できます。
つまり風車1000台分なのです。
地熱発電でも一基で5万kw程度なので20基近くないと原発一基分になりません。

自然エネルギーになかなか切り替わらない、もう3点目は自然が損なわれるというものです。
例えば、地熱を利用しようとすると景観が損なわれるといって、反対する人がいます。
また、風力発電をしようとして、風車を設置すれば野鳥がぶつかって死んでしまう。
野鳥の会などが反対しています。

景観や野鳥は我々の愛すべき存在です。
エネルギー欲しさに、愛すべき対象を失うってもいいのか?
日本国が生き残るためには仕方がないのか?

簡単にはいかないのです・・・・
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/805-e52b15df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。