上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
ここ数年、70年前の太平洋戦争を中心に戦争について調べていました。

きっかけは、3年前の尖閣諸島中国漁船衝突事件です。
当時の民主党政権の対応があまりにも腑に落ちなかった事が、戦争を中心とする政治、歴史について興味を持つきっかけになりました。

韓国は70年前の作り話(慰安婦)を持ち出して日本に謝罪と賠償を求める。
中国は歴史的に尖閣諸島は我が領土と言い張る。
調べてみると、韓国の話は作り話だし、中国については作り話にすらなっていない。

それでも日本政府は小さな声で「遺憾の意を表す」だけだ・・・
何で?とても疑問だった。

でも最近やっとわかってきました。これは国際社会がいまだ戦後体制で動いている事。戦後体制が変わることを70年前の戦勝国が望まない事と関係が強いということがわかってきました。
今もって70年前の戦勝国(国連軍=国際連合)を中心に国際社会が成り立っているということです。

日本が力をつけることは、中国、韓国のみならずアメリカやイギリスなどの戦勝国も望まないことなのです。
日本には軍隊を持たず、いつまでも反省していて欲しいのです。
いつまでも懺悔して、小さくなっていて欲しいのです。
戦勝国は今もそう思っていると思います。

また日本政府もそれは知っているのです。
大きな声で日本の正当な権利を主張するのは、現在の戦後体制(戦後レジューム)に対抗すること。戦勝国の機嫌を損ねることだと知っているんです。
ですから、小さな声で、ぼそぼそっと、遺憾の意を表すのです。

それでは、どうやって日本は正当な権利を主張していけばいいのか。
方法はいくつもあるでしょう。
そのことをこれから考えていきたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/820-711cda93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。