上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
年末の安倍総理の靖国参拝を世界はどう見ているのか
ちょっと調べてみました。

すぐに目についたのはイギリスのBBC

Japan PM Shinzo Abe visits Yasukuni WW2 shrine
安倍総理、靖国「第二次世界大戦」神社へ参拝


残念ながらその論調は安倍首相に厳しいようです

毎日新聞がその英字新聞で靖国「戦争」神社(Yasukuni war shrine)と書いたと話題になっていましたが、BBCもかなり厳しい表現を使っています。

靖国「第二次世界大戦」神社(Yasukuni WW2 shrine)と表現してます。

さらに、記事では、1970年代に日本と中国との間で、総理大臣が靖国を参拝しないことが合意されていると書かれている。(そんな話ありましたっけ?)
The BBC's Rupert Wingfield-Hayes in Tokyo says Japan made an unwritten agreement with China in the 1970s that serving leaders would not visit the shrine.

BBCは世界に影響力のあるマスメディアです。
私としては非常に不愉快ですが、これが世界の見方です。
戦後レジームの脱却への道のりはまだまだ厳しいようです。

ちなみにアルジャジーラ(中東系、ややイスラム色)の報道では、「中国が日本を非難している」という論調で、あくまでも第三者の視点からの報道になっています。
しかし、その見出しには、「戦争神社」という言葉が使われています(残念)
China attacks Japanese PM's war shrine visit

それでは、WW2の同じ敗戦国ドイツZDFの報道はどうでしょうか?
ありがたいこと?に、「戦争」や「第二次世界大戦」の文字はなく普通に靖国神社と表記されています。

Japans Premier besucht Yasukuni-Schrein - China empört
日本の首相、靖国神社参拝 ー中国激怒

BBCやアルジャジーラの報道のように靖国神社の事をわざわざ、靖国「第二次世界大戦」神社と言ったりするのは、悪意というか何らかの意図を感じませんか?
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/862-32077e77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。