上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
教えて伊藤先生! 憲法改正って何?教えて伊藤先生! 憲法改正って何?
(2013/07/06)
伊藤 真

商品詳細を見る

私は軍隊を持たずに国家の平和は守れないと思っていますので、なんで戦力の放棄をうたう9条を持つ憲法が「平和」憲法と呼ばれるのかわかりません。
しかし、意見の違う人の話を聴くことは大切だと思っています。

伊藤真は平和憲法擁護派のようです。
いくつか本書の内容に反論してみたいと思っています。

(1)伊藤真は9条の改憲を主張する人の代表的な意見として次のように書いています。
「アメリカの世界的な軍事戦略の一部を担うことで、アメリカとの同盟関係を良好に維持したいと考えているからでしょう」p52

これは間違った認識だと思います。
アメリカは日本に軍事力は持って欲しくないのです。
アメリカは日本に金だけ出して欲しいのです。
日本が軍事力を持とうとすればアメリカは嫌がります。
軍隊を持つ事でアメリカとの関係も緊張します。
多くの改憲派は、その事を知っています。

しかし、日本人を日本人が守ることが大切だと考えています。
自国の防衛を自国で行なう。
至極当たり前です。
そのためには9条を変えなくてはならないのです。


(2)自民党の憲法改正案に対して「公務員として就職すること自体が、少なくても業務上では、日の丸や君が代を尊重する義務を負うことにつながりますp64」と書いています。

公務員が国旗や国歌に敬意を表すのは当然だと思います。
憲法が改正されようがされまいが、今でもそうすべきだと思います。
少なくても国家公務員にとっては当たり前です。
(地方公務員はどうでしょうか。やや疑問は残ります)
国民全体への奉仕者である国家公務員が日本の国歌や国旗を尊重するのは当たり前です。


以下メモ

・日露戦争では日本は戦争を継続する財政的な余裕がなくなっていく中で、アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトに仲介を頼み、ポーツマス講和条約を結んで戦争を終結させました(講和条約の内容から「日本が勝った」といわれることもありますが、いずれかが降伏したわけではなく、講和条約上でも勝ち負けをはっきりさせてはいません)p70・・・(えっ、そうなの?)

・1972年の「日中共同声明」では、中国政府は戦争賠償を放棄します。
というのも、日中戦争における中国国民の被害者数は2000万人以上にも上るといわれており、賠償額を計算すれば、日本が破産するほどの天文学的な数字になりますp118(えぇー、そうなの?)
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/867-0f361fc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。