上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
2014.03.10 政治の起源
政治の起源 上 人類以前からフランス革命まで政治の起源 上 人類以前からフランス革命まで
(2013/11/06)
フランシス・フクヤマ

商品詳細を見る

政治の起源 下 人類以前からフランス革命まで政治の起源 下 人類以前からフランス革命まで
(2013/12/25)
フランシス・フクヤマ

商品詳細を見る


フクヤマは、民主主義を実行するキーワードを3つ(国家、法の支配、説明責任)に絞り、それぞれの文明(西洋、中国、インド、イスラム)でどのように発達してきたかを述べている。

「国家」

中国は史上始めて「国家」の体裁をととのえた国という。秦(始皇帝、BC221-)の時代、商鞅(ショウオウ)により史上初の官僚制が行われた。それ以降中国において官僚制は断続的におこなわれている。中国、韓国、日本などの東アジアの政治の基礎となっている様子。日本では聖徳太子の時代(604年)に官僚制の基礎となる冠位十二階を制定した。

・秦の始皇帝の政策は・・・12万の地方エリート家族が強制的に国中から集められ、首都に近い地域に住まわされた.彼らを厳しい監視下に置くためであったと、歴史書は伝えているp194 江戸時代の参勤交代の原型がここにあったのではないかな?

・(中国戦国時代の諸子百家が国家間を頻繁に移動していた事により)こうした活発な知的流動は二つの政治的意味を持った。第一の点として、そうした知的流動がイデオロギーのようなものを生みだした・・・適切な統治のあり方に関する一連の考え方を生みだした。・・・二つ目の点として、国民文化のようなものが形成されたことが挙げられる。p175(要約)

・中国史の初期から一貫した統治に関する顕著な特徴として、文官が軍事に対して強力な統制を発揮する点が挙げられる。この点で、中国はローマと大きく異なる。p203

・イスラム世界(アッパース朝、マムクール朝、オスマン朝)には、奴隷軍人制度があった


「法の支配」

インドには「法の支配」の原型があったという。バラモン(司祭階級)に「権威」が与えられ、権力を持つクシャトリア(王侯貴族階級)は、バラモンに従う国家体制ができあがった。鎌倉時代(1185ー)以降、日本でも皇室は権力は持たないが「権威」を持つようになった。

・西洋には「法の支配」があった

・(中国と欧州の封建制度の違い)中国においては、主要な政治的主体が個々の領主ではなく、領主と彼らが属する親族集団であった。ヨーロッパの領主が持っていた領地内では、領主と農民たちとの間の封建的な契約関係というかたちで、縁故と関係のない行政がすでにその姿を見せ始めていた。p163

・イギリスでは、すでに1066年のノルマン征服から間もないころに、女性が土地を保有し、自由に処分し、親族以外の個人に売る権利を有していたのである。p338


・世界の偉大な文明のうち、法の支配が存在しなかったのは中国だけである。・・・それでも、中国の歴代王朝は暴政で名をとどろかせていたわけではない。下p68

・(イギリスでは)11世紀、王は領土を治める統治者ではなかった。むしろ、権力の分散した封建秩序にあって、同等のリーダーの中で一歩抜きん出た存在といったほうが近い。・・・国王はあちこちをめぐったという。・・・そして国王の重要な任務が、旅先で訴訟裁判所を開くことであった。下巻p27

・メキシコでは国民の60~70%がインフォーマル・セクター(非公式部門)、つまり闇経済で生計を立てており・・・下p146

「説明責任」

・ラテンアメリカ諸国は比較的選挙の施行や民主主義的な説明責任のメカニズムの活用には長けており、人望のない指導者を排除してきた。下p146


以下メモ

・カトリック教会が禁じた、近親婚、レビレート婚、養子縁組、離婚は、親族集団の結束を弱め、教会の力を強くする働きがあったp343

・イギリスで早くから個人主義が発達していたことを物語る興味深い事例が、マクファーレンの著書に引用されている。13世紀には、親子の間で「扶養契約」が結ばれていたというのだp338

・1973年にはまだ、スペイン、ポルトガル、ギリシャが独裁体制だったp26

・BC5中国では、戦争は馬車を操る少数の貴族の騎馬戦から、国民徴兵による格段に大規模な歩兵軍の戦争へと移行した。ヨーロッパでも12~13世紀にかけて同様の技術変化が起こり、重装備の馬上の騎士に代わって弓槍で戦う歩兵軍が登場した。下p116

・18世紀初期までにフランスの国家権力が増大すると、個人の権利、とりわけ個人の財産権が侵害されるようになった。しかしそれは超法規的な強制によるものでなく、法制度を操作するという典型的なヨーロッパ流のやり方で侵害したのである。下p135

・イギリスで免税特権を享受したのは貧困層であったが、フランスでは裕福層であった。下p142

・もしイギリス議会のスローガンが「代表なくして課税なし」であるとするならば、今日のスローガンは「課税なければ代表なし」とすばきであるとサミュエル・ハンティントンは述べている。なぜなら政治参加をもっともそくすのは課税だからである。下p223

・平等な尊厳を与えられた幸運な人々の輪が広がる速度は非常に穏やかで、17世紀以降にようやく下層の社会階級、女性、人種的/宗教的・民族的少数派が含まれるようになった。下p258
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/890-f3892a98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。