上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
ルポ 原発はやめられる―ドイツと日本 その倫理と再生可能エネルギーへの道ルポ 原発はやめられる―ドイツと日本 その倫理と再生可能エネルギーへの道
(2013/09)
小坂 洋右

商品詳細を見る


先日私はGTCCの存在を知りました。
原発よりも安全で、安く電力を供給できます。
今は原発どうこうと言うより、電力設備としてGTCCを推進したいと思っています。

と、言いながら本書を読みました。

以下メモ

・ドイツが脱原発を決定した経緯P33
1)1986年チェルノブイリ原子力発電所事故
2)1989年東西ドイツ統一後、東ドイツにあった原発6基が西側の安全基準に適合せず廃炉とした。
3)2002年、4年前の総選挙で勝利した社会民主党(SPD)が2020年までの廃炉を決定した。
4)しかし2010年、2009年の選挙で勝利したキリスト教民主同盟(CDU)のメルケル政権は当時稼働していた原発の稼働年数を平均12年延長する決定をした。
5)2011.3.11福島原発事故
6)2011.3.27福島事故から2週間後、CDUの地盤であるバーデン・ヴェンテンベルク州議会選挙で大敗。さらに緑の党(廃原発)から州知事が選出される。

・世界的にみると10年に一回原発事故が起きている。1979スリーマイル、1986チェルノブイリ、2011福島P28

・「チェルノブイリ原発事故ベラルーシ政府報告書(2013)p42」によれば、成人の甲状腺がん罹患率が6倍以上増加。子どもの発症率のピークは事故から10年後で、1986年と比べて39倍に増加したと言う。p17

・チェルノブイリの事故当時、日本では「ソ連の技術力が劣っているからだ』「安全意識が薄いのだ」と、原発そのものの危険性が取りざたされる以前に、ソ連という国の技術力や社会体制そのものが問題視されたp14

・チェルノブイリで被災地域の住民に「移住権」が与えられたのは事故から5年後だった。p188
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/902-35db0113
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。