上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
それでも、日本人は「戦争」を選んだそれでも、日本人は「戦争」を選んだ
(2009/07/29)
加藤 陽子

商品詳細を見る

戦争(局地戦)は大昔からありました。しかし現代の戦争である総力戦は南北戦争(注1)以降になります。

総力戦は南北戦争(1861-5)、普仏戦争(1870)、第一次世界大戦(1914-9)、第二次世界大戦(1939-45)となります。

総力戦の特徴は軍事力のみでなく、政治、科学、情報など国家のあらゆる能力を総動員することにあります。
また、一番重要な事は戦勝国は敗戦国の憲法を変えるということです。
日本も、戦後憲法を変更させられました。
倉山満は【日本人には「8月15日が終戦ではない。むしろ、占領政策こそが総力戦の本番」という認識】がないと嘆いています。

18世紀の思想家ルソー(1712-78)はその論文(戦争および戦争状態論)のなかで、「戦争は国家と国家の関係において、主権や社会契約に対する攻撃、つまり、敵対する国家の、憲法に対する攻撃、というかたちをとる」と述べています。
(「憲法とは何か」長谷部恭男)
憲法とは何か (岩波新書)憲法とは何か (岩波新書)
(2006/04/20)
長谷部 恭男

商品詳細を見る


ルソーは、近代の総力戦を予言していたと加藤陽子は言います。
しかし、事実は逆で、近代の政治家はルソーの思想を近代の戦争で実現したのだと思います。

(注1)憲法の改正が大きな意義を持った例として人種差別の是正を目的として南北戦争後に行われた第13条修正から15条修正までの3ヶ条が挙げられることが多いが、これらの改正が実際上の効果を挙げたのは、改正が実現してほぼ100年後の各種の公民権法の制定及びそれを支える公民権運動の賜物であった。(「憲法とは何か」p129長谷部恭男)

以下メモ

・「日本切腹、中国介錯」胡適(コテキ)
・汪兆銘(オウチョウメイ)の夫人は・・・「蒋介石は英米を選んだ、毛沢東はソ連を選んだ、自分の夫・汪兆銘は日本を選んだ、そこにどのような違いがあるのか」と反論したといいます。p329

20130331注1追加しました
20130329メモ追加しました
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/914-3e6953d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。