上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
昨日(20140415)、中国が観艦式を中止するというニュースが飛び込んできました。
私はこのまま中国が観艦式を実施すると思っていたのでびっくりしました。

実は5年前の2009年にも日本を招待しないまま観艦式は行われています。
ですから、このまま観艦式は行われると思っていました。



観艦式は22、23日で開催まであと一週間。この直前での中止にはびっくりしました。
さすが?中国という気がします。
もし日本で、各国に派遣を要請して観艦式をしたとしたらとても考えられない時期です。
もし日本で同様の事が起こったならミヤネ屋の恰好のネタになりますね。

観艦式に参加予定の各国は直前での中止に不快感を感じると思います。
ちなみに参加予定国は韓国、オーストラリア、インド、パキスタン、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、バングラデシュそれに中国を加えて10ヶ国でした。

特にアメリカと共同歩調をとらず、中国に寄り添い派遣を決めた韓国は立場がないでしょう。
韓国国内の世論がどうでるか楽しみでしたが、20140416の韓国フェリーの海難事故で観艦式どころではなくなりました。

結局アメリカの圧力に中国が屈したかたちになったのだと思います。
そういえばオバマ大統領が訪日が23日に決まった直後の観艦式中止決定だったのでそれも関係あるのでしょう。

加えてアメリカが中国との対立を覚悟したと言うニユースもあります。
アメリカは今年中間選挙が行われます。議会議員の選挙が行われます。
今までオバマ大統領は、国内問題に軸足をおいていましたが、なかなか国民の支持が得られていないようでした。
今後、対外問題で成果を上げることで支持を得ようと考えているかもしれません。



・観艦式中止までの経緯

4月21日に中国で「西太平洋海軍シンポジウム」が行われます。
その後、22、23日に国際観艦式が行われます。国際観艦式に日本の海上自衛隊にだけ派遣が要請されていないのです。(2014.3.30)
その理由として 梁陽報道官は沖縄県・尖閣諸島や歴史問題をめぐる日本政府の対応を理由に、多国間海上合同演習への日本艦船の招待を拒否したとコメントしてます(20140420)
そういえば南沙諸島で領有権を争っているベトナムやフィリピンが呼ばれていません。

ありがたいのは、アメリカが不快感を表し、艦隊派遣をしないことを決めたことです。(20140402)
アメリカの国家安全保障会議(NSC)のエバン・メデイロス・アジア上級部長が、遺憾の意を表しています。(20140404)

アメリカが不快感を表したのを受けて20140404に日本は小野寺防衛相がやっと遺憾の意を表しています。

アメリカ続き、多くの国が不快感を表してくれることを望みましたが、韓国は艦艇を派遣するようです。韓国は日本、アメリカよりも中国が大切ということなのでしょう。(20140410)

日本はこの期間中に日本の幕僚長と中国海軍トップとの会談を模索していました。(20140408)
しかし、中国側から拒否されました。(20140420)

私は当初中国に擦り寄るよる日本の態度を不愉快にしか思っていませんでしたが、もしかすると日本は外交の窓口をいつもオープンにしていますよというアメリカに対するアピールなのかもしれません。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://recentreport.blog.fc2.com/tb.php/921-e97a420b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。